Aを440Hzにチューニングするのはナチスの時代から始まった。

NO IMAGE

http://www.elfagot.com/node/391

1939年にナチスの宣伝大臣ヨーゼフゲッベルスは、標準的なチューニングピッチを440Hzに定めました。
人々を特定の意識のなかの囚人として縛り付けるために行いました。

不思議なことに1950年にアメリカ政府は、ISO規格を作り、すべての音楽機器、テレビやラジオ放送の音楽を440 Hzにしました。

レナードG.ホロヴィッツ、DMD、MA、MPH、DNM(hon.)は、この主題の非常に大規模な論文でどのようにロックフェラー財団が、A =440Hzの標準チューニングの賦課を通じてコンシャスネス(意識)への戦争を始めたか書いています。

シャーマンや他の宗教さえアヤフアスカ・ヒーリングの儀式の際に、彼らの歌に432Hzのトーンを使用しています。ティベットのシンギングボウルでさえ、432Hzに調整されています。そして他の古代の楽器の多くも共にこの自然周波数にチューニングされています。

多くのミュージシャンは、直感的に、A=440Hzの標準チューニングからチューンアップかダウン、少しシャープかフラット、でより良く感じます。より自然な代りとなるもの、特にA =444Hz(C=528Hz)とA=432Hzとに人気が高まってきました。

モーツァルトとヴェルディの両者とも自然の波動を彼らの音楽のベースとし、A =432は、ヴェルディのチューニングとニックネームがついています。

・・・・・・・・
C=528のヒーリング音楽をまとめてみました
↓こちら↓
432Hz=Aのヒーリング音楽をまとめてみました/a>】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。