視線を合わせることで、幸せになれるのは本当だった

NO IMAGE

さややと視線が合うと癒されるのだが

それには、根拠があるのだった

 

 

視線を合わせるとオキシトシン「幸せホルモン」が分泌されることがわかった。

 

 

オキシトシン(Oxytocin, OXT)は、視床下部室傍核視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンである (CysTyrIleGlnAsn-Cys-ProLeuGly)。

 

 

幸せホルモン」、「愛情ホルモン」とも呼ばれ、ストレスを緩和し幸せな気分をもたらす[1]

 

 

 

ヒトとイヌの絆形成に視線とオキシトシンが関与

 

ヒトとイヌの共生は 1 万 5 千年から 3 万年前に始まるとされている. 従来イヌはヒトの最良の友
と言われてきたが, その両者の絆は科学的な研究対象として扱われて来なかった. 今回,
両者の関係性が, ヒトの母子間に共通に認められるような, オキシトシンと視線を・・・

 

出典:

https://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%80%80%E6%B0%B8%E6%BE%A4&btnG=

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。