乃木坂46、シンクロニシティ、歌詞、意味、イイね(o^-')b

NO IMAGE

 

 

ついにきました

2018年4月25日発売

 

「シンクロニシティ」乃木坂46

 

スピの世界では常用語のシンクロニシティだよね

 

考えていることが、突然目の前に現れたり、

夢でみたことが現実におきたり

 

いろんなものがシンクロ、、同調してくるってことなんだけど

 

これはもう2012年の12月12日からのターニングポイントからの流れだよね

 

シンクロニシティを使うことで自分の現実をどんどん変えていくことができるんだね

 

 

さてと

今回、乃木坂46からの新曲

シンクロニシティ

 

この中では、言葉を使わなくても、共感できるってことが書かれてる

 

「信号を待つ間にちょっとだけ時間をいいかい?
この気持ちが分かるはずだシンクロニシティ」

 

目に見えるものだけが世界じゃないってこと

 

心は目に見えないけど、たしかに、ある

 

愛にしても、見えないけど、たしかに、感じる

 

「理由なんて何も思い当たらずに
涙が溢(こぼ)れる
それは
そばにいる そばにいる誰かのせい
言葉を交わしていなくても
心が勝手に共鳴するんだ」

 

心はちゃんとエネルギーをもっていて

電波のように発信しているんだ

 

それを敏感な人は受信できる

 

強いエネルギーを発するときもあれば

それが弱いときもあるだろう

 

声にださなくても届くんだよ

 

神社仏閣で祈るとき

それはちゃんと発信されて届いている

 

だから、いつも心の中をクリアにしていることが大事で

 

いつも心の中にあるものを周囲に発信していることに注意すべきなんだ

 

自分が発信したものと同調して、それのエネルギーが強まれば、肉眼でも見えるようになる

それを現実化という

 

つまり、自分が見ている世界は、自分のふだんの気持ち、心がけが作り出している

これもシンクロニシティのひとつ

 

そして

言わなくても想いは届くということは

ひとりじゃない

ってことにもなる

 


近づいて「どうしたの?」と聞いて来ないけど
世界中の人が誰かのことを思い浮かべ
遠くの幸せ願うシンクロニシティ

 

秋元さんの表現する世界は

愛に満ち満ちた世界

 

 

この作品も、神曲だわ

 

 

ダンスも透明感があるし、まさにシンクロニシティ

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

乃木坂46「シンクロニシティ」 作詞:秋元康

悲しい出来事があると

僕は一人で

夜の街をただひたすら歩くんだ

背中丸め俯いて

行く当てなんかないのに

雑踏のその中を彷徨う

Keep going (ウォウ…)

Keep going (ウォウ…)

すれ違う見ず知らずの人よ

事情は知らなくてもいいんだ

少しだけこの痛みを感じてくれないか?

信号を待つ間にちょっとだけ時間をいいかい?

この気持ちが分かるはずだシンクロニシティ

きっと

誰だって 誰だってあるだろう

ふいに気づいたら泣いていること

理由なんて何も思い当たらずに

涙が溢(こぼ)れる

それは

そばにいる そばにいる誰かのせい

言葉を交わしていなくても

心が勝手に共鳴するんだ

愛を分け合って

ハモれ (ウォウ…)

ハモれ (ウォウ…)

みんなが信じてないこの世の中も

思ってるより愛に溢れてるよ

近づいて「どうしたの?」と聞いて来ないけど

世界中の人が誰かのことを思い浮かべ

遠くの幸せ願うシンクロニシティ

だから

一人では 一人では負けそうな

突然やって来る悲しみさえ

一緒に泣く誰かがいて

乗り越えられるんだ

ずっと

お互いに お互いに思いやれば

いつしか心は一つになる

横断歩道で隣り合わせた

他人同士でも

偶然

抱え込んだ憂鬱とか

胸の痛みも

76億分の1になった気がする

きっと

誰だって 誰だってあるだろう

ふいに気づいたら泣いていること

理由なんて何も思い当たらずに

涙が溢(こぼ)れる

それは

そばにいる そばにいる誰かのせい

言葉を交わしていなくても

心が勝手に共鳴するんだ

愛を分け合って

ハモれ (ウォウ…)

ハモれ (ウォウ…)

ハモれ

泣いてる人のために

僕もどこかで

何も気付かず

そっと涙流したい

 

+++++++++++++++

 

 

 

楽天価格【乃木坂46「シンクロニシティ」

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。