AKB48劇場公演「ヤバイよ!ついて来れんのか?!」公演☆これは行きたい☆

NO IMAGE

 

ネットによると

なんと、推しの、しおりんがセンターらしいではないか

 

 

M08 制服レジスタンス♪

佐藤栞(センター)
湯本亜美
山根涼羽

#牧野アンナプロデュース公演

 

これは絶対に真ん中席をゲット(´^(エ)^`)♪するぞ

 

このセトリ、このメンバー、このパフォーマンスで
AKB史上最高の公演らしいです・・・

 

おおおお

盛り上がるぞ

 

「同公演は安室奈美恵やMAXメンバーとともにSUPER MONKEY’Sとしてかつて活躍、脱退後は『言い訳Maybe』や『ヘビーローテーション』など数々のAKB48のヒット曲の振付を行っている牧野アンナ氏が、メンバーの選定からセットリスト、振り入れ指導まで全て行ったプロデュース公演。

4月3日にWEB配信にて初日を発表。スパルタ指導で知られる牧野氏のプロデュースとあり、そのタイトル通り、これまでにないほどの高いパフォーマンスと結束力を期待されており、ファンからもメンバーが指導に付いていけるか、心配の声が上がっていた。

ドラフト生、16期生、チーム8メンバーも含め次世代メンバーが集結。

 

セットリストは牧野氏による振付楽曲で構成され、おもに村山がセンターを担当。『恋愛総選挙』で開幕し、『僕だけのValue』『キスまでカウントダウ ン』『12月のカンガルー』『ホライズン』とノンストップでオープニングを駆け抜けた。王道アイドルソングでありながらダンスが激しい曲も多く、牧野氏も 「『12月のカンガルー』から『ホライズン』(ともにSKE48楽曲)の流れは自分でも鬼だったかなと思うくらい(笑)」と回顧。「ただ暴れるだけの公演 にはしたくないって思っていて、AKBの良さを見せたいけども殻を破って突き抜けるところも見せたい」「彼女たちのテンションがグッてあがるというか追い 込まれたときに出る彼女たちのパワーを見せたかった」と狙いを明かした。

ユニットパートでは、かつて宮崎美穂、板野友美、河西智美が組んだユニットによるレア曲『ナットウエンジェル』を込山が武藤と行天をしたがえ、露出の多い衣装でセクシーに歌い上げ会場の視線を釘付けに。AKB48の 39枚目シングル『Green Flash』は、村山とチーム8のダンス自慢メンバー横山でパフォーマンス。ダンスはシングルとは大きく違うより激しく難度の高いものにアレンジされてお り、圧巻の表現力で魅了。牧野氏はシングル曲の振付に心残りがあったことを明かし、「思いをひきずっていたのでやりたいように作りたかった。もっとドラマ チックに感情を爆発させて静と動を表現したかった。村山を(公演で)見たときに『この曲ができる』って思った」と説明した。

 

後半の全体曲は『これからWonderland』でセクシー&ゴージャスに劇場の世界観を一変させると、サシニング娘。(指原莉乃&モーニング娘。 ’17)の楽曲『Get you!』ではパワフルに、SKE48の名曲『ピノキオ軍』でははっちゃけたクレイジーさと、ダンスナンバーの中でもそれぞれ表情を変えた流れ。表現の奥 深さをアピールしたかったと牧野氏は語った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

+++++++++++++

 

以上、出典たち

http://akb48team8.net/archives/akb-53.html

 

https://mdpr.jp/music/detail/1760639

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。