MiNiSTUDIO PERSONAL オーディオインターフェイス、使い方

NO IMAGE

 

 

 

まずは機器の接続

 

マイクとヘッドフォンの接続

 

マイク

 

 

 

  • PC用マイクを使用する場合は、フロントパネルに接続します*3

 

 

  • US-32の内蔵マイクを使用する場合は、本体のスイッチをいちばん下にしましょう。そうすることで内蔵マイクに切り替わります。

 

ヘッドフォン

 

  • ヘッドフォン(またはヘッドセット)をフロントパネルに接続します。

 

 

 

 

 

いいところ

 

 

 

 

 

PON機能とは、拍手など入れる

 

  • 本体のPONキーを押すと、あらかじめ登録しておいた音声(例 : 効果音、ジングル)を再生できます。これをPON機能といいます。同機能を使うには、トップパネルにあるポンキーのいずれかを押してください。もし途中で音声の再生を止めたいという場合は、PONキーを再度押すことで音声が停止します。

 


 

 

ボイスエフェクト

 

  • ボイスエフェクトを使うと、自分の声質を変えることができま す。あらかじめ用意されている声質は、「MALE」「FEMALE」「CHOPPER」「RADIO」「ECHO」の5種類です。「MALE」や 「FEMALE」は、TV番組で音声加工された声を聞くことがあると思いますが、あのイメージです。

 

  1. トップパネルにあるEFFECTボタンを押し、オレンジ色に点灯させる。
  2. Settings Panelの「EASY」タブ、または「EXPERT」タブの「EFFECT」で、任意の種類を選択する(例 : 「MALE」)。
  3. 「PRAMETER」でエフェクトのかかり具合を調整する。
  4. ボイスエフェクトをOFFにしたい場合は、EFFECTボタンを再度押して消灯させる*6

 

ダッキング

 

  • ダッキングは、自分がしゃべり始めると同時に、自動的にBGMの音量を下げる機能です。また、しゃべり終えたときは、自動的にBGMがもとの音量に戻ります。雑談配信などで同機能を使えば、自分の声がBGMにかき消されることがなくなるでしょう。

 

  1. Settings Panelを開く。
  2. 「Extra Effects」→「Ducking」の順にクリックする。
  3. 「ON」を選択する。
  4. 「AUX」になっている部分を「COMPUTER」に変更する。

 

 

 

 

 

OBS Studioで配信する方法

 

  • OBS Studioを使って配信する場合、以下のようにします。

 

 

  1. US-42の場合は、本体のフロントパネルのスイッチを「BROADCAST」にする。
  2. 本体のON AIRボタンを押す。
  3. OBSで「設定」→「音声」タブを開き、「デスクトップ音声デバイス」で「既定」を、「マイク音声デバイス」で「マイク (MiNiSTUDIO US-32/42)」をそれぞれ選択する。
  4. 「OK」をクリックする。
  5. ライブ配信を開始する。

 

 

おまけ

 

 

カラオケのようなエコーをかけたいときは

 

リバーブ

 

  • リバーブは、マイクが入力した音を響かせる機能です。歌配信(カラオケ)などをするときに使いましょう。PCの音にはリバーブはかかりません。

 

  1. トップパネルにあるREVERBつまみをあげる(リバーブのかかり具合を調節)。
  2. Settings Panelの「EASY」タブ、または「EXPERT」タブの「REVERB」で、任意の種類を選択する(例 : 「LIVE」)。
  3. リバーブをOFFにしたい場合は、REVERBつまみを最小にする*5

 

e=”display: inline;”>
 

製品の仕様

 

US-32
US-32
型番 US-32
接続方式 USB 2.0
接続可能なマイク ダイナミックマイク、コンデンサーマイク、PCマイク*1
サンプリングレート 最大96kHz対応
量子化ビット数 最大24bit対応
付属DAWソフト なし
ASIO 対応
対応OS ・Windows 10/8.1/7
・Mac OS X 10.12/10.11/10.10/10.9

 

 

価格チェック【オーディオインターフェイス・USB付き

 

 

 

参考サイト

https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/523.html

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。