糖質制限ダイエットは太る、便秘、肌荒れ、になる、レジスタントスターチが無いから

NO IMAGE

 

レジスタントスターチは、でんぷんでありながら、エネルギーになりにくく、

整腸作用や生活習慣病の予防効果があるとされている食品中の成分

 

レジスタントスターチは雑穀などの穀類や、コーンフレークやパスタなどの

でんぷん質の食品の一部に含まれる。

中にはハイアミロースコーンスターチのように、多量のレジスタントスターチを含むものもある[5]

 

また、ご飯を冷やす、じゃがいもをポテトサラダにするなど、

“冷やす”ことででんぷん質中のレジスタントスターチの量が増えると言われている。

 

このため、ダイエットやお腹の調子を整える目的で、でんぷん質の食品を冷やして食べる方法が紹介されることもある。

 

 

 

なので、糖質を制限するダイエットは迷信で

糖質制限をすると、太り、便秘になり、肌荒れになります。

 

 

レジスタントスターチは雑穀などの穀類や、コーンフレークやパスタなどの

でんぷん質の食品の一部に含まれる。

そのなかでも、インゲン豆が多いとのこと。

 

いんげん豆には、レジスタントスターチが100グラム中2.2グラムも含まれています。これはさつまいもをしのぐ量です。

 

 

 

出典:

Wikipedia

 

https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2018/129/304407.html

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。