iPhoneのバックアップ先を外付けHDDにする、1行のコマンドでOK

iPhoneのバックアップ先を外付けHDDにする、1行のコマンドでOK

内臓HDDの空きが減るとこんなのがでます。

 

 

こういうときは、外付けHDDにバックアップを取ればOKですね。

 

 

手順

  1. 内臓HDDのデータを外付けHDDに移動
  2. ターミナルからコマンドを1行を入力するだけ

 

実際

 

 

  1. 内臓HDDのデータを外付けHDDに移動

 

1.1.

optionキーを押しながら【ライブラリ】をクリック(optionキーを押さないと出ません)

1.2.

ライブラリ>Applicationsupport>MobileSync>Backup

を見つけてください。

これがiPhoneのデータのフォルダーです。

1.3.

外付けHDDに適当なフォルダーを作り、コピーします。

1.4.

内臓HDDのBackupフォルダーは削除します。

 

 

2.コマンドを1行入力する

 

mac標準アプリのターミナルを起動します

 

・考え方

ターミナルで入力するのは以下の一行のみです

ln -s  新しい場所 前の場所

(ln -sというのは、リンクを貼るという意味です。)

・実際の作業

ln -sのあと、半角スペースを入れる。

①外付けHDDのBackupフォルダーをドラッグ&ドロップ

②内臓HDDのMobileSyncフォルダーをドラッグ&ドロップ

そうすると以下のような文字列になると思います。

return

を押して完了です。

スペースは必ず半角です。

これでOKです。

Tunesを起動してiPhoneを接続してバックアップしてみましょう。

バックアップが動作すれば正常です(・ω・)♪+.゚もふ

ちなみに

内臓HDDの空きですが

最初、31ギガの空きでしたが

 

いまは、66ギガも空いてます((o(^ω^)o))もふ

 

よく考えれば、iPhoneが64GBモデルで、半分ぐらい使ってるから30ギガぐらい使ってるってことで30ギガの容量が必要なんですね。

それにしてもバックアップ、ひさしぶりにとったら2時間近くかかったよ~( ̄▽ ̄;)

まとめ

  1. 「Backup」というフォルダーを外付けHDDにコピーする
  2. 内臓HDDの「Backup」を消す
  3. ターミナルでコマンドを入力する
    • ln -s 外付けHDDのBackupの場所 内臓HDDのMobilesyncの場所

Macは場所を入力しなくてもドラッグ&ドロップで入力できるから簡単ですね。

 

 

外付けHDD

MacBook

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。