mac、不可視ファイルを表示するにはCommand (⌘) + Shift + .(ピリオド)

mac、不可視ファイルを表示するにはCommand (⌘) + Shift + .(ピリオド)

いままではターミナルでコマンド入力していたけれど

macOS10.13の場合

Command (⌘) + Shift + .(ピリオド)

で不可視ファイルの表示をON/OFFできる。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。