mac,keynote,配置したイメージをスライドのサイズに拡大/縮小,変化なし

mac,keynote,配置したイメージをスライドのサイズに拡大/縮小,変化なし

keynoteなんだけど、写真をドラッグ&ドロップしたら鮮明度が落ちる。

そこで

Keynoteの環境設定にある

 

「配置したイメージをスライドのサイズに拡大/縮小」

 

これをON/OFFして比較してみた。

 

原画のファイルサイズは4.5M、3248x2432pix

 

 

ファイル1-1はチェックONにして読み込みした。

 

 

 

ファイル2-1はチェックOFF

ファイルサイズを調べたら、変化なし。

 

 


 

画質の比較をしたら、変化なし。

・元画像

チェックあり

 

チェックなし

 

 

いったいこれは???

 

さらに調べた。

複数の画像を取り込めばファイルサイズの差が出るかもしれない。

4枚ほど追加してみた。

ON/OFFして取り込んでみたが、ファイルサイズは両方とも同じ19.4MB

 

 

そして、発見したことがある。

「配置したイメージをスライドのサイズに拡大/縮小」

は、オープンするファイルにかかわらず

最後にセッティングしたものが表示されるということだ。

ということは、それぞれのファイルに対するセッティングではなくて

Keynoteのすべてに関わるセッティングであるということ。

そして、この「配置したイメージをスライドのサイズに拡大/縮小」

という項目は、

「編集」という分類にあるということ。

つまり、編集するときのセッティングであり、保存するときのことではない

ということになる。と推測した。


アップルサポートで確認してみた


結論

この「配置したイメージをスライドのサイズに拡大/縮小」

は、取り込む画像ファイルには影響しない。

画面上の画像ボックスに対する見せ方のオプションです。

ONのとき、画像ボックスの大きさに自動的に調整する。

OFFのとき、極端にサイズが異なるとボックスを超えて表示されることがある。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。