亀が長生きできるのは活性酸素をコントロールしているという話

亀が長生きできるのは活性酸素をコントロールしているという話

亀が長生きの理由

・亀はたくさんの酵素テロメアを作り出すことができる

テロメアはDNAが短くなるのを防ぐ。

・亀は多くの抗酸化物質や、細胞のダメージと戦う他のタンパク質を作り出すことができる

・カメは酸素がなくても生きられる

空気を吸わなくても何週間も生きることができる。

酸素を吸う呼吸は活性酸素をつくります。これは避けられない仕組みです。

通常は体内のバランス維持機能により活性酸素や過酸化水素の量はコントロールされています。

しかしストレスによりバランスをくずすと活性酸素や過酸化などが細胞やDNAを傷つけ、疲労、病気、ガンの原因になります。

//////

糖尿病、かん患者の活性酸素酸素の数値を3週間で改善した水

電子水電子水

「「「

亀は冬眠するために、酸素が多く必要な神経回路をシャットダウンすることができる。

冬眠から目覚め、呼吸を始めて酸素レベルが急激に上がった時など、ROSの爆発的産出が起こることがありますが、そんな時も、抗酸化物質と細胞を修復するタンパク質が役にたちます。

」」」

ソース

https://logmi.jp/business/articles/320154

糖尿病、かん患者の活性酸素酸素の数値を3週間で改善した水

 

滝沢杏弥,おぐねえ,折井あゆみ

「今、一番新しいのは、酸化ストレスを水で軽減する「電子水」です。

酸化ストレス軽減データを医学誌に発表しました。」

医療法人財団恵仁会 理事長、藤木病院 院長 藤木龍輔先生

 

または

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。