ときどきコンセントは抜き差ししよう、トラッキング火災、予防

ときどきコンセントは抜き差ししよう、トラッキング火災、予防

2018年10月31日 オフ 投稿者: mofmofP
トラッキング現象が起きやすい場所
  • ・冷蔵庫、テレビ、洗濯機などの裏側のホコリが溜まりやすいところのコンセント
  • ・台所や洗面所、脱衣所などの湿気が多い場所で使用しているコンセント
  • ・加湿器や水槽など水気がある場所で使用しているコンセント

上記のような場所で使用している場合は火災予防のために対策を取っておきましょう。

トラッキング現象とは、コンセントとプラグの隙間にホコリが溜まり、そのホコリが空気中の湿気を吸収することで、漏電し発火する現象のことを言います。 発火の程度や状況によってコンセントの周りが焦げ付く状態になったり、規模が大きいと火災を引き起こす危険性があります。 冷蔵庫やテレビ、洗濯機など電源プラグをコンセントに差し込んだまま長年使い続けている家電製品では、ホコリが溜まりやすくなりトラッキング現象を引き起こす危険性があります。

また大型家電製品の裏側など普段掃除しない場所にもホコリが溜まりやすくなるためトラッキング現象が発生しやすくなります。 タコ足配線のような過剰な配線をしている場合も火災を引き起こす原因となりますので注意が必要です。

湿気の多い梅雨時期はトラッキング現象が発生しやすい時期となります。 福岡市消防局の資料によりますと、6月~8月がトラッキング火災が発生しやすい月となっています。

対策

定期的に電源プラグを抜き、乾いた布でホコリを取り除きましょう。

 

参考

https://www.ec-current.com/shop/contents/contents.aspx/00000508