シアバターは日焼け止めとしても使える、ナチュラルなもの

シアバターは日焼け止めとしても使える、ナチュラルなもの

 

シアバター: shea butter)はアカテツ科シアーバターノキの種子の胚から得られる植物性脂肪シアーバターとも表記される。

 

シアバターはシアーバターノキの種子から作られ、主にナイジェリアマリブルキナファソガーナで生産されている。食用や薬として用いられるほか石鹸やクリームなどにも配合される。

シアバターの成分のほとんどはステアリン酸オレイン酸で、トコフェロールカロチノイドトリテルペンも微量に含まれる。

常温で固形、肌に塗ると体温で溶けて浸透するため、植物性油脂であっても「オイル」ではなく「バター」と称される。

価格チェック【シアバター】

シアーバターノキが分布する地域で古くから食用、薬品、燃料として使われ、傷や火傷の治療目的や筋肉痛リュウマチ白髪脱毛予防など様々に用いられる。

ガーナでは紫外線や乾燥から守るために、

生まれてすぐ新生児の全身に塗布する。

ムスリムの習慣として生後3か月の男児に施す割礼で、止血と消毒を目的に用いる[5]。近年は化粧品メーカーがボディローション、ボディクリーム、リップクリームハンドクリームシャンプー石鹸など様々な化粧品に配合して販売している。

++++

 

市販の日焼け止めは化学合成のものが多く、肌荒れの原因にもなります。

合成品よりも、このようなナチュラルなものがいいですね。

 

価格チェック【シアバター】

 

 

 

世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術
Amazon・https://amzn.to/2JwgUod
楽天・https://a.r10.to/hbpj6W

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。