オメガ3(魚)とオメガ6(植物油)は1:2が理想【食べる油】

オメガ3(魚)とオメガ6(植物油)は1:2が理想【食べる油】

 




飽和脂肪酸とオメガ9は体で作ることができる。


オメガ6とオメガ3は作ることができません。


オメガ3は血液をサラサラにします。

心筋梗塞、血管の詰まりを予防します。


オメガ6はその逆です。

両方が必要です。

バランスが大事です。


魚オイルで摂るのがてっとりばやいですね。

楽天【DHA、オメガ3オイル、血液サラサラ
https://a.r10.to/hvr8tA

amazon







大豆とゴマ油は、リノール酸が多い。


リノール酸は同じω-6系のγ-リノレン酸アラキドン酸などへ代謝される。

なのでオメガ6が豊富といえる。
リノレン酸には、いろいろ種類があるんですね。

αリノレン酸はオメガ3の系列で、DHAに変化していく。

ナタネ油(キャノラー油)は、心臓病のリスクを高める

エルカ酸(22:1, n−9)、アブラナの種、エリシマムの種、カラシの種子で見られる。エルカ酸の含有量が多いナタネ油は、エルカ酸が心臓病の発症リスクを高め、ナタネ油に多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため乾性油として絵画やコーティング剤に使われたり、バイオ燃料として商用的に栽培されている。

これについては別のページにまとめます。

 

 

炎症、がんは、酸化ストレスが原因です。

酸化ストレスを減らす薬はありませんが、水で可能にしたものがあります。

電子水


「今、一番新しいのは、酸化ストレスを水で軽減する「電子水」です。
重傷のガン患者さんと生活習慣病の代表の糖尿病患者さんに、
3週間、普通にこの電子水を飲んでもらっただけで
酸化ストレス軽減、抗酸化能力のアップを明確に証明したデータを
医学誌に発表しました。」恵仁会理事長 藤木先生
「戸隠の電子水」

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。