【グランツーリスモSPORT】ミッション 8-6 ブルームーン・スピードウェイ 15分耐久

【グランツーリスモSPORT】ミッション 8-6 ブルームーン・スピードウェイ 15分耐久

ブルームーン・スピードウェイ 15分耐久

 

耐久といっても15分だから、そんなに長くない。

セッティングは固定されていて触れるのはタイヤとTCSなどのみ。TCS=1、ABS=標準で走りました。

1回目

とりあえずペース配分がわからないのでレーシング・ハードでFuel Map=1でなにも考えず走ってみた。

Fuel Map=1では、10分ぐらいは余裕でガソリンは持った。タイヤは8部山。あまり摩耗してない。

ということはピットインは1回で十分。15分耐久だから、半分の8分ぐらいすぎたらピットインすればいいかな。

前半をのばして最後レーシング・ソフトという作戦もありかもしれないけど
あまり前半をのばすと後半の追い上げ用の時間が限られてくるので精神的にきつくなるだろうからやめとこう。

あとはタイヤの選択だけど、レーシング・ミディアムで走ってみることにした。

2回目

レーシング・ミディアム、Fuel Map=1で最初のピットインまでは5速、6速中心に走ってみた。

8分ぐらい経過したところで、ほぼ半分となりピットインした。

タイヤは同じくレーシング・ミディアムに交換。

このとき11周していたので、ガソリンは12周分を入れてピットアウトした。

このとき12位までポジションは下がってるけど、この時間帯にはAIカーが次々とピットインするので

なにもせず1周で6位まで浮上した。

ここまでで周回数も増えて、コースにも慣れてきて走り方もわかってきた。

第1コーナーはフルブレーキしないと仕方ない。省エネでは5速、追い上げたいときや逃げ切りたいときは4速までおとして加速。

第2コーナーは全開のままでOK。

第3コーナー、ここがAIカーと差をつけるコーナー。

AIカーは慎重にスピードを落とすので、こちらはポンピング・ブレーキ(ほんの少しだけ断続的にブレーキ)で回ることでAIカーを引き離す。

・普通に走り10周目で8位まで上昇し、手前のAIカーがピットインして7位。

・こちらは11周のあとにピットイン。

タイヤは同じくレーシング・ミディアムに交換。ガソリンは10周分を入れたらピットアウト。このとき12位。

・13周目にAIカーが続々とピットインして、こちらは6位に上昇。

・14周目に4位。

・16周目に3位。すでに視界には、残る2台が見えているので楽勝かと思いきや、そのうちの1台の白いアメ車、バイパーの直線番長が速い速い。。。

 

18周目の2コーナーでAIカーと接触がらみの激しいバトルを制して1位をもぎとったけど、例のバイパーがストレートでどんどん背後に迫ってきて最終ラップまで気を抜けない展開でした。

 

セッティングは変更できません。全車同一条件。

 

 

動画は追い越しているところのみに短縮してあります。

関連情報URL

グランツーリスモSPORT,攻略,オールゴールドへの道
http://mackenmov.sunnyday.jp/macken/game/gtsport/index.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。