目の疲れも酸化ストレスが原因、解決法

目の疲れも酸化ストレスが原因、解決法

目の疲れも酸化ストレスが原因

解決法は、まったく新しいミネラルウォーターがあります。

「今、一番新しいのは、酸化ストレスを水で軽減する「電子水」です。
重傷のガン患者さんで3週間で酸化ストレスを軽減したデータを医学誌に発表しました。」恵仁会理事長 藤木先生
「戸隠の電子水」楽天市場

飲むだけで酸化ストレスを軽減できるのなら超簡単ですね。

一晩寝れば治ってしまう程度であれば、単なる疲れ目で問題はありません。反対に、睡眠をとっても症状が改善されない場合は“眼精疲労”の可能性があります。眼精疲労は、目を使う作業を続けることで不快な症状が生じる眼病です。主に、目の痛みやかすみ、充血などの症状が見られます。

 

また、頭痛、肩こり、吐き気などの全身症状も出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しなくなってしまいます。

しかも、眼精疲労の原因が眼病の場合もあるため、軽視は禁物です。

 

人が運動を一生懸命行うと、全身がくたくたになって疲れてしまいます。この疲労感は、全身の筋肉や自律神経の働きが、酸化ストレスにさらされて鈍くなるために起こります。目のまわりも同様です。

 

ものを見るときは、毛様体筋(もうようたいきん)が緊張したり、緩んだりすることで、水晶体の厚さを調節してピントを合わせています。起きている間はずっと目を開けていますから、毛様体筋は絶えず働いているわけです。この毛様体筋は、自律神経がつかさどる不随意筋のひとつで、無意識に動いているのです。

 

また、両目を無意識に同じ方向に向けているのも、眼球の周囲にある6つの眼筋を自律神経がうまくコントロールしているからです。筋肉を適度に休ませることで酸化ストレスはやわらぎますが、酷使し続ければ強い疲労感で苦痛を感じるようになります。

 

つまり、“ものを見る”という行為は、運動をするのと同じくらい大変な作業なのです。

https://gentosha-go.com/articles/-/20943

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。