雑賀崎の灯台、日の出,灯台巡り,和歌山県,2019年4月

雑賀崎の灯台、日の出,灯台巡り,和歌山県,2019年4月

日の出を捉えるため、深夜から待機

そう

灯台は夜に光る

だから

夜の灯台は、本来の灯台の姿なのだ

 

空が明るくなってきた

朝日を待つ

ピンクや白、黄色、いろとりどりの花壇があって和みます

ドローンにて空撮の準備

日の出を待つ

そして離陸

 

あっという間に見えなくなりました

 

空撮のようすは後ほど。

 

 

雑賀崎灯台(さいかざきとうだい)は和歌山県 和歌山市 和歌浦の雑賀崎にある灯台。
中世に雑賀崎城があった雑賀崎の鷹の巣と呼ばれる崖の頂上に位置する。 初点灯は1960年3月31日という比較的新しい灯台で、和歌山市が観光用展望施設を建設した際に、海上交通の要衝である紀伊水道に面しているということで海上保安庁が展望台の上に設置したものである。
灯台の上からは右から順に、大島、中ノ島、双子島が見え、遠方には淡路島が見える。

初点灯 – 1960年3月31日
塗色および構造 – 白色、塔形、コンクリート造
灯質 – 単閃白光、毎8秒に一閃光
光度 – 75,000カンデラ
光達距離 – 34km
地上〜頂部高さ – 14m
水面〜灯火高さ – 75.7m
管理事務所 – 第五管区海上保安本部 和歌山航路標識事務所
位置 – 北緯34度11分6秒、東経135度8分37秒
所在地 – 〒641-0062 和歌山県和歌山市雑賀崎字鷹巣山809-2、810-2

南海和歌山市駅またはJR和歌山駅から和歌山バス雑賀崎循環で40分、「雑賀崎遊園」で下車、徒歩15分

 

 

前日、広島の道の駅で買った「薄皮饅頭」が朝ごはんだよ

あんこがいっぱい詰まってて美味しい

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。