Enthusia, グランツーリスモ4, WRC4~比較~PS2~ゲーム

Enthusia, グランツーリスモ4, WRC4~比較~PS2~ゲーム
Enthusia 攻略
Main Index
Enthusia Life レースで勝ってランキングをあげるってのがこのゲームのストーリーです。
Driving Revolution 運転技術向上のためのモード
Time attack タイムアタック。。個人的にはここが一番楽しみなのですが、、、
Free Race フリーのレースhttp://briefcase.yahoo.co.jp/bc/enthu_movies/
VS Race 対戦レース
GT4, WRC4との比較 Enthusia GT4 WRC4
走行履歴 コースマップ形式 グラフ形式 グラフ形式
路面の細かな凹凸 パッドにあまり反映されない。 パッドでも感じることができる。 パッドでも感じることができる。
路肩に乗り上げた衝撃 あまり感じない。 リアルに感じる リアルに感じる
タイヤが限界近くで鳴く音 サーっという音でいまいち。要改善。 路面ごとに音が異なりリアル感がある。 路面ごとに音が異なりリアル感がある。
路面の抵抗の違いを音で判別 しにくい よくわかる よくわかる
矢印キーでのハンドル操作 不可 可能 可能
ドライバー視点の高さ 実車に近い。 実際より高い。軽トラ視線。 実車に近い。
クルマのセッティングの保存 できない!! 要改善。 もちろんできる。 もちろんできる。
タイムアタックの記録 記録できない!! (ノーマルセッティングでの走行のみ記録される) 要改善。 記録できる。 記録できる。
ほしいクルマの入手 困難。運任せ。レース後のルーレットの結果次第。 可能。デイーラーで買うかプレゼントカーはレースに勝つことで入手できる。 可能。走行曲やレースに勝つことでチューニングを選択できる。
コースの数 50以上。 50以上。距離が短いサーキットなので覚える事が可能。ほとんどがターマック。 200以上。ひとつひとつのコースが長く凹凸があり、国ごとに路面が異なるので覚えるのはほぼ不可能。
ターゲット 子供・入門者向け リアルなサーキット指向 リアルなラリー指向
■疑問点・レースに勝っても好きなクルマをもらえない。これはルーレットによって決まるから。。

しかし、そのルーレットも、目で見て、ほしいクルマの上が光った瞬間にボタンを押すとかなりの確率でもらえます。

・レースに勝ったのにランクが下がる場合がある。

■感想・ハンコンでプレイすることをオススメします!

パッドだとこのゲームの面白さは半減、いや。ぜんぜん楽しくないです。

・そのほかのゲームの構成について・・楽しいゲームとしては良いですが。。

クルマの挙動はリアルですけど、

それ以外のセッティングなどリアルさの追求には疑問点が残ります。

しかし、イージーにレースをしたい人にはグラフィクスが奇麗なのでいいかも。

1. なぜ、セッティングが保存できない。

いろいろとクルマのダンパーとかタイヤとかのセッティングを変更して何度も走った結果、やっと最高のタイムがでるセッティングまで煮詰めました。さて、セッティングを保存してゲームを終わろうとしたら、なんと保存のボタンがない。なに!! 保存できない仕様なのですよ。おどろくべきことですね。

2. そのうえセッティングを変えたクルマでのタイムアタックの記録が保存できない。

これは致命的ですね。たとえ超人的なレコードをたたきだしたとしても記録としては残りません。きれいに消え去ります。ゲームセンターのゲームでさえ記録と名前を残すことができるのに、これは最悪な仕様です。タイムアタックする気になりませんね。しかも、マニュアルに「セッティングを変えたクルマでのタイムアタックは記録されません」と堂々と書いてあります。なんじゃこれは!! つまりセッティングを変えてタイムアタックしても無駄ってことです。

3. しかもデフォルトのセッティングはヘボヘボ

セッティングを変更せずにデフォルトの設定で走れば記録は残るのですが、このデフォルトのセッティングがヘボヘボなセッティングなんですよ。

・タイヤは一番グリップしないタイヤ・・・これで記録を出せというほうが無理です。

・車高は最高に高い・・・・軽トラじゃあるまいし、ロールが多すぎて安定したコーナリングは無理です。

・バネとダンパーは最高に柔らかい・・・乗り心地重視で走りやとは正反対のセッティングです。

こんなヘボセッティングでタイムアタックすねやついるんですかね。

まったくリアルでないセッティング。

こんなヘボいセッティングで走れっていうのですからストレスたまりまくりです。これってユーザーいじめ??

しかもどの車種に対してもこのセッティングですからたまりません。たとえばWRCカーのインプレッサ・ラリーカーがターマックを車高を最高に高くしてフワフワのダンパーで走るのですから現実逃避としか考えられません。このセッティングのどこがリアルなんですか?

クルマの挙動がリアルって言ったってセッティングがヘボヘボなんですから意味ないですよ。

3. ニュルブルクリンクのコースが薄暗くて気持ち悪い。

ただでさえ攻略がむずかしいニュルブルクリンクを、さらにプロドライバーでもいやがるような、うすぐらい天候(雨がふる直前のようなかんじ)に固定してあるとは。。セッティングは子供向けなのに、コースはプロも困らせる難関とは、ゲームの方向性がばらばらですね。ちゃんと開発会議で打ち合わせしたのでしょうか。

4. 全体的にシミュレータと言うよりは子供向けゲームです。

エンスーは、ゲームの設定にしたがって遊べってかんじです。自分のクルマは自由に買えないしセッティングも保存できない。シミュレータを期待する大人は楽しめずストレスがたまります。主役がゲームなのでユーザーはそれに従う形式です。クルマゲーの初心者向けとは思いますが、それにしてはデフォルトのセットアップが無茶苦茶なので、これも疑問点です。自作に期待します。

ちなみにGT4の方は、主役がユーザーであり、ユーザーの意思でクルマを買い、好きなようにチューニングして、好きなように走れます。現実に近いのはGT4です。GT4攻略はこちら

あるいは、もっとテクニツクを磨きたい人、どんな路面でも速く走りたいのならラリーがおすすめです。WRC4攻略はこちら。

 

『エンスージア プロフェッショナル レーシング』は、KONAMIが2005年3月17日に発売したPlayStation 2用レースゲーム。