海外旅行でタクシー~UBER~登録は海外メインなら海外で

海外旅行でタクシー~UBER~登録は海外メインなら海外で

タクシーをスマホで呼べるし、

呼ぶ前にドライバの顔写真の確認、

車の確認、

料金の目安、などを確認できる。

チップがいらない

クレジットカード決済なので現金をもたなくてよい

など

便利なUBERですが

日本でインストールして登録すると、割引クーポンは日本国内でしか使えません。

海外がメインの人は、海外で登録するほうがよいと思います。

日本で使うのがメインなら日本で登録すればよいですね。

ちなみに、

英語以外の国だと行き先の文字が意味不明で入力と確認に時間がかかります。

そういうときは、ホテルのフロントの人に行き先を言って

スマホのuberを見せてタクシーを呼んでもらうのが早いです。

 

1. スマホにアプリをインストールします。

2. アカウントを登録します。日本で登録すると割引クーポン(プロモーションコード)が日本でしか使えないので、海外でクーポンを使いたい場合は海外で登録するとよいでしょう(登録にはWi-Fi環境が必要)。初めてUberに登録する場合は、クーポンを使って無料で乗ることができることもあります。クレジット決済なので、クレジットカードの登録も必須です。
※海外で初めてUberを利用する場合は、携帯に送られる認証コードが届かない場合もあります。その際には、アプリまたはUberウェブサイトのヘルプページからUberに問い合わせる必要があります。

3. 配車するには、アプリで行き先を文字入力して検索します(Wi-Fi環境が必要)。今いる場所の近くにいる車が表示されるので、車種とドライバーを選びます。車種の下には料金の目安も表示されるので、おおまかな見積もり料金をあらかじめ知ることができます。

4. 配車する車を決めたら「ハイヤーを依頼する」ボタンから予約を行います。

5. アプリに表示された時間(7分など)が経つと、今いるところに予約したドライバーが到着します。

6. 乗車したら、行き先はすでにアプリ上で伝わっているため、改めて言葉で伝える必要はありません。アプリ上で決済が行われるため、料金を支払う必要もありません。

7. 目的地に到着したら、あとは降りるだけ。チップも不要です。

中略

このようにとても便利なUberですが、トラブルなく利用するにはいくつか注意すべき点があります。

当たり前ですが、スマホがないと使えません。また、電池切れ、Wi-Fi環境がないと使えません。

車を予約するときは、ドライバーの評価も確認しておきましょう。また、車によって収容人数が異なるので、複数人で乗るときは人数制限も確認しておくことをおすすめします。

ドライバーが現地に現れないときは、直接連絡を取る必要が出てくることもあります(Uberにクレーム・問い合わせをすることもできます)。基本的にはアプリ内で完結するサービスですが、もしものときはドライバーと英語でコミュニケーションを取れるくらいの英語力は必要。

行き先は地図から検索するのではなく、文字で入力する必要があるので、住所や固有名詞ははっきりとわかっておく必要があります(スポット名をカタカナで入力することは可能です)。タクシーと違い、乗りながら「次の角を右に曲がって、そこで下ろして」といったことができません。自分で行き先を間違えて登録したら、間違った行き先に連れて行かれてしまいますので気をつけてください。

https://www.travel.co.jp/guide/howto/85/より

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。