紀伊日ノ御埼灯台~和歌山~岬めぐり、灯台めぐり,2019.04

紀伊日ノ御埼灯台~和歌山~岬めぐり、灯台めぐり,2019.04

 

紀伊日ノ御埼灯台(きいひのみさきとうだい)は、和歌山県日高郡日高町阿尾、紀伊半島の日ノ御埼突端に立つ白亜塔形の大型灯台。周辺は、煙樹海岸県立自然公園に指定され、紀伊水道を望む風光明媚の地となっている。

2019年現在の灯台は3代目である。2代目紀伊日ノ御埼灯台は日高郡美浜町内に建っていたが、付近で地割れが進行し地滑りによる倒壊のおそれがあることから、2017年3月に地盤が安定している約120m西の日高町内に建て替えられた[3]。移転の総事業費は約1億6,000万円[1]。跡地は地滑りの危険性があり立入禁止となっている。初代紀伊日ノ御埼灯台は現灯台よりも南西方向に建っていたが、太平洋戦争の空襲により全焼・解体された。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。