仕手筋による株の操作の基本、大量買い付けのあとの空売り

仕手筋による株の操作の基本、大量買い付けのあとの空売り

株価の操作には仕手筋とよばれるグループによるものがあります。

方法は、まず資金をもつ人々のグループを作ります。

ご本尊と呼ばれるリーダーが特定の株にねらいを定めます。

その配下のメンバーとともにその株を一気に買います。

すると、株価が上昇します。

それをみた一般投資家が乗り遅れまいと買いに走ります。

この一般投資家を「提灯」と呼びます。

株価が十分に上がったところで仕手筋グループが一気に大量の空売りを浴びせます。

結果、大暴落してもとの価格に戻ります。

この手法は、仮想通貨でも行われています。

急上昇し始めたら要注意ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。