ASMRとは、脳が気持ちいいこと

ASMRとは、脳が気持ちいいこと

Autonomous Sensory Meridian Response (ASMR) は、人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、頭がゾワゾワするといった反応・感覚(正式な・あるいは一般的な日本語訳は今のところ存在しない)。 ーwikipediaー

脳が気持ちいいと感じるのであれば

音だけではなくて、なんでもいいのです。

Autonomous 自律型

Sensory 感覚

Meridian 絶頂

Response 応答

 

ASMRという概念が生まれたのはつい10年ほど前、とある海外の掲示板がきっかけでした。

2007年、SteadyHealth.com というサイトでとある人物が、「Weird Sensation Feels Good(奇妙な感覚が気持ちいい)」というスレッドを建てました。

この頃はASMRという概念はなかったため、当時多くの体験者がこのスレッドで「この感覚・現象はなんなんだ!?」と議論を始めました。

後にこの現象をASMRと命名するジェニファーアレン(Jennifer Allen)もこのスレッドで議論をしていました。

彼女はこの現象をもっと多くの人で共有すべきだと考え、2010年にFacebookでASMRのグループを建てます。ここからASMRという概念が徐々に広まっていきました。

http://kyomo-meshiuma.com/about_asmrより

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。