ドローン タカ ワシ トビ  カラス 対策

ドローン タカ ワシ トビ  カラス 対策

ドローンを飛ばす時の鳥から守る対策

 

1.

鳥は主に春~初夏にかけて繁殖時期を迎えます。

そのため、この時期に鳥達の巣の近くを飛行するものなら、鳥達の警戒の元になります。

・縄張りに入ってしまった場合は、すぐにその場から離れ着陸させる。

・飛行中に鳥が接近してきた場合は、ドローンをその場で急上昇させる。

 

 

2.

ハヤブサは遠距離から直線的に近づいてくる。

タカは、近距離から、調整しながら近づいてくる。

 

 

 

3.

カラスの繁殖期は、3月から7月ごろまでです。特に人への攻撃は、4月~6月ごろに多くなります。これは、繁殖している成鳥が巣にいる雛や卵を守ろうとする行動で、雛や卵を守ろうと過敏になっているため巣のある付近を通る人の頭上に飛来して威嚇したり、ときには、足で頭をたたいたりします。

鎌倉市「繁殖期のカラスにご注意ください!」より

 

4.

カモメ

彼らは好奇心があるので「あれ!?なんか飛んでる…」という感じで、ふら~っと近づいてきます。ただ攻撃性は一切なく、本当に好奇心のみ。

 

5.

カラスの子育てはおおよそ4月から7月までです。カラスの繁殖は普通3月中に営巣を終え4月中頃に産卵。

行動圏内は同じカラス、異種の鳥類を寄せ付けない攻撃的な鳥である。特に巣から半径200m程度以内に餌場がある場所を選び営巣し、最大半径450m程度の’なわばり’範囲があると言われている。雛鳥の巣立ち後’なわばり’防衛意識は弱くなる。

 

 

 大きさは約45~70cm
 大きさは約85~100cm
 大きさは約60 cm
 大きさは約35~50cm

 

トビ 60cmぐらい

 

 

ワシ

1メーカー前後

 

タカ

70cmぐらい

 

ハヤブサ・40cmぐらい

 

 

 

出典

1. https://atcl-dsj.com/useful/4942/

2.https://gigazine.net/news/20190617-hawks-pursuit-prey-guidance-system/

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。