Mac, Google日本語変換の使い方,変換候補の削除,Macの辞書をGoogle日本語変換に変換する方法

Mac, Google日本語変換の使い方,変換候補の削除,Macの辞書をGoogle日本語変換に変換する方法

まずは以下からGoogle日本語変換をインストールしましょう。

https://www.google.co.jp/ime/

 

 

インストールできたら、

ひらがな(Google)にすればGoogle日本語変換を使えます。

 

 

変換候補を削除する方法

「環境設定」をクリックします

 

 

「全入力履歴を削除」をクリックします。

 

 

 

これで

macでは消えなかった変換候補とはおさらばです。

きれいに消えています↓

 

 

副次効果としてMojave OS10.14では、カーソルが消えてしまうというJeditのカーソルがちゃんと表示するようになりました。

↓画面コピーではカーソルでてませんけど実際は出てます。

 

つぎに

Macの辞書をGoogle日本語変換に移行する方法

 

 

以下

「ユーザー辞書を編集」をクリック

 

編集から

すべてを選択

から

選択された部分をデスクトップにドラッグ&ドロップします。

 

↑↑すると、

ユーザー辞書.plist

というファイルができます。

このままでは、Google日本語変換に読み込みできません。

 

 

変換するアプリ「U-Dict」を使います。

以下

http://nagagutsuhenshujo.blogspot.com/2014/12/u-dict.html

から

U-Dict

というアプリケーションをダウンロードします。

 

 

これをダブルクリックすると

開発元が未確認

というmacのめんどくさいエラー画面がでます。

これは、いったんOKで終わってから、

 

 

あらためて、アプリケーションを

controlを押しながらダブルクリックすると開けます。

 

 

 

 

開いたら、

ユーザー辞書.plist

を左下の部分にドロップします。

 

辞書の内容がでますので

ファイル>保存

 

 

以下のように

標準テキスト(*.txt)

をクリックして

ユーザー辞書.txt

で保存します。

 

Google日本語変換のメニューにもどり

 

ユーザー辞書の編集

 

 

 

管理

のタブから

新規辞書にインポート

 

 

 

ファイルのところで

先の

ユーザー辞書.txt

を選択して

辞書名を好きなようにつけて

インポート

 

 

 

 

 

以下のように読み込み成功。

 

 

 

 

 

以下のように表示されました。

 

 

 

 

 

OS X 10.10 で日本語入力の辞書から取り出した書類を手軽に編集、変換します。

システム環境設定→キーボード以下のユーザ辞書 からドラッグでできる *.plist か、同→入力ソース→追加辞書 でできる *.txt をドロップします。両方同時や、複数の辞書も扱えます。

項目はダブルクリックで編集。「追加辞書」は品詞がないと登録できないので、右クリックから選択します。

編集→「新規項目の追加」で単語を追加可。delete キーで選択項目、「すべてを消去」で全て消去します。

編集後はシステム環境設定で利用可。*.plist はユーザ辞書に、*.txt は入力ソース→追加辞書にドロップ。用途に応じ、保存形式を選びます。

ユーザ辞書は iCloud 同期対象ですが、追加辞書は非対象です。他の機器と同じ辞書を使うには前者を利用します。逆に品詞を意識して使うなら確実に後者が便利です。

★ 最新版情報: ダークモードに対応。案内図をボタンで呼び出す仕様に変更。plist の読み込み信頼性を向上。ウインドウの挙動を一部変更。

http://nagagutsuhenshujo.blogspot.com/2014/12/u-dict.html

 

 

 

 

 

 

 

参考

https://69bird.jp/archives/9980

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。