ハイドラ、ハイタッチドライブ、ハイドラCP巡り 、ハイドラとは

ハイドラ、ハイタッチドライブ、ハイドラCP巡り 、ハイドラとは

ハイタッチドライブ, ハイドラとは

もともとはドライバー同士がハイタッチすることをコンセプトにしたスマホのアプリ。
全国の観光スポットや道の駅などドライブや観光に関する
チェックポイント(CP)と呼ばれる灰色のマークが地図上に2万カ所以上、配置されている。
ユーザーがチェックポイントの近くまで行くとGPSと連動して
到達したと判定されると チェックポイントの色が緑に変わる。
いまではハイドラチェックポイント巡りという言葉やハイドラ緑化という言葉が定着しつつある。
しかし、いまは、ユーザーが増えすぎてサーバーの容量不足か、フリーズもよくある。
またユーザーインターフェイスやバグ取りがイマイチな部分もあり、到達地点の一覧表を見るときに必ず落ちる。
無償とはいえ、ソフトウェアは改善の余地がある。
以下、いくつかの機能を紹介します。

走行した軌跡、チェックポイントを訪問した時刻が記録される!

ログが記録されるのは、ありがたいです。
スマホのGPSと連動して、自分が移動したルートがすべて記録されます。
あとから地図で確認もできます。
そして全国1万カ所以上のチェックポイントを通過すればバッジをもらえます。
チェックポイントの100メーター前後の近くまで行けば自動的に獲得になります。
チェックポイントによっては、もっと遠くからでも穫れることもあります。
このようにチェックポイントを穫ってバッジを集めて行くというのが、ハマル要素ですね。
チェックポイントを穫りたいが為にドライブしたり旅行したりする人も増えてます。
地図のフラグがチェックポイントです。
青いラインが走行してきた道筋です。
拡大縮小もできます。

チェックポイント、イベント

道の駅とか鉄道、四国八十八カ所巡り、ダム、城、観光名所、岬などなど、全国、2万カ所ちかいチェックポイントが収録されています。
GPSで連動して、近くを走れば、自動的に獲得していきます。
何時にどこを通過したかも簡単にわかります。
鉄道の駅も網羅されてますので鉄道ファンの方にもオススメかと。

 

チェックポイント一覧

こちら参照

走行レポート
走行した距離、時間などがレポートとして表示されます。

 

ランキング
24時間以内でどれだけ走ったかのランキングが毎日発表されます。
自分は2回、日本一になりました(^-^♪
クルマ、バイク、徒歩、鉄道なんでもいいのです。
旅行が好きならオススメです。

ちなみに自分は走行距離ランキングで日本一になったことがあります↓↓↓

1日の走行距離、ランキングで日本一になりました。2回目。2014年10月、2回目はコツがわかり15時間ちょっとでした。

1日の走行距離、ランキングで日本一になりました。1回目、2014年6月、1回目は渋滞にハマり19時間かかりました。

自分のパソコンにバックアップを取りましょう

ただし、現在の問題は、三ヶ月で走行ラインのデータがサーバーから消えて行くこと。
データはスマホに残っています。
念のため、PCにバックアップすればいいのですが、
バックアップできるのは、GPSの位置情報のみです。
イベントはバックアップできません。
早めにメモしていかないと忘れてしまいますね。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。