【DJI Mavic 2 Pro】設定メモ・ホームポイントを送信機の場所にする方法、飛ばし方 など【ドローン】

【DJI Mavic 2 Pro】設定メモ・ホームポイントを送信機の場所にする方法、飛ばし方 など【ドローン】

セッティング・設定 Mavic 2 Pro

ホームポイントをプロポの現在地にする。

ホームポイントは、Mavic 2 Proを呼び戻すときにもどってくる場所です。

プロポ(リモコン,送信機)の場所をホームポイントにするのがおすすめです。

なにかあったときに手元にもどせるからです。

以下Go proの設定手順です。

下にスクロールしていきます。

・ホームポイント設定

ホームポイントは自動的に戻ってくる場所です。

人のマークをクリックすることで手元の送信機の場所をホームポイントとして設定します。

ドローンのマークをクリックするとドローンのいる場所がホームポイントとなり、意味をなしません。

・現在の高度でRTH は、ON

RTHとはReturn To Home つまり、ホームに戻るということです。

これはONにしています。

RTHは、以下↓↓の3つのときに発動します。

・RTHボタンを押したとき

・バッテリーが少なくなったとき

・Faisafeのとき。

Faisafeとは、送信機との通信が2秒以上とぎれたときです。

通信が復活してから10秒後にホバリングに移ります。

 

更に下にスクロール

・リターントゥホーム高度

指定した高さで戻ってきます。さっきの「現在の高度でRHT」との関係は不明です。

 

さらに下にスクロール

・最大飛行高度 これは法律で150mですので、それより低い高度にしています。

・最大距離を有効化 オン

・最大飛行距離を設定 これはその時の状況で変えています。

電波状況が良くない山間部の谷間や障害物が多い場所などでは短くしています。

さらに下にスクロール

経験値は初期設定のままにしています。

感度

・姿勢 姿勢変化の速さ、強めると機体がぶれて危険。

・ブレーキ ブレーキの強さ、強めると機体がぶれて危険。

・ヨーの終点 傾きの強さ、機体がぶれて危険。

・ゲインの設定

初期設定のままです。

その他、初期設定のままです。

 

 

 

 

 


シネマティックモード

モニタ画面の左のプロポのアイコンから選択します。

飛行を開始してから選択できます。

ゆっくりしたスピードで飛ぶそうですがまだ使ったことがありません。

APAS

 

APASとは、「高度操縦支援システム」の略で、飛行経路を計算して、水平方向と垂直方向の障害物を回避する機能です。

本機能がONになっている場合、機体が障害物を感知した際に自動で障害物を迂回して前進する為のルートが作成される為、ユーザーはピッチスティックを前/後ろに倒すだけで障害物を迂回して回避することが出来ます。

また、感知した障害物を迂回することが出来ないと判断された場合、機体は通常の障害物感知時と同様にホバリング状態へと移行します。
※狭すぎる空間または障害物が細くて小さい場合は、APAS機能の使用に適していません。

離陸したあと画面左一番下のAPASアイコンをクリックしてONにします。

 

Point of Interest 被写体の周囲を自動的に旋回する

まず離陸させて撮影したい距離まで移動させて左のリモコンマークをクリック。

 

Point of Interestをクリック。

 

 

被写体を指で斜めに移動して四角で囲みます。

そして「GO」を押します。

するとMavic 2 Proは自動的に旋回を始めます。

 

 

被写体が中心からずれたときは、指でクリックすると中心に戻ります。

モニタからスピードや半径も調整できます。

撮影終了のときは、☓をクリックします。

++++++++

もうひとつのPoint of Interestの設定方法

Mavic 2 ProをPoint of Interestの真上に移動させます。

 

C1ボタンを押します。裏側の左手側。

Mavic 2 Proは、Point of Interestを認識します。

 

 

 

その後、Mavic 2 Proをスタート位置まで移動させます。

 

そして、「GO」を押すとMavic 2 Proは、旋回を開始します。

 

 

 

撮影終了のときは、☓をクリックします。

 

 

 

 


 

 

使用ドローンはDJI Mavic 2 proです。

https://bit.ly/2Xxm6vV

 

ドローン【人気ランキング・初心者向け】楽天

https://bit.ly/2mN58ww

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。