スバルのエンジン、EJ20が生産終了になる、インプレッサWRXもレトロカーになるなあ

スバルのエンジン、EJ20が生産終了になる、インプレッサWRXもレトロカーになるなあ

EJ20型エンジンは、1989年に登場した初代「レガシィ」に搭載されて以来、約30年に渡ってさまざまな車種に採用され、世界ラリー選手権(WRC)やニュルブルクリンク24時間レースをはじめとするモータースポーツでの活躍にも大きく貢献しました。

スバルのスポーツセダン「WRX STI」の受注が、2019年12月末で終了することになりました。これは同モデルに搭載されているEJ20型エンジンが、2019年度内に生産を終了するためとされています。

その集大成として、現行WRX STIの最後の特別仕様車となる「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」の販売が決定し、プロトタイプモデルが2019年10月23日から開催される東京モーターショー2019に出展されます。

バランスドエンジンやゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイール、専用レカロシート(オプション)に加え、フロントグリルとリアバンパーにチェリーレッドストライプのアクセントが施されるなど、Sシリーズを彷彿とさせる機能や装備を採用。EJ20型エンジンのフィナーレを飾るのにふさわしい限定車となります。

WRX STI EJ20 ファイナルエディションは、555台限定の抽選販売となりますが、価格や抽選方法など販売に関する詳細は2019年10月23日に発表される予定です

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190926-10449571-carview/より

 

わがWRXもEJ20だ。

いよいよレトロカーになってしまうぞ。。

まだまだ乗るぞおお

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。