【海外送金】たぶん世界一安い手数料~TransferWise~会員登録と送金してみた! 初体験~おすすめ~2019年12月

【海外送金】たぶん世界一安い手数料~TransferWise~会員登録と送金してみた! 初体験~おすすめ~2019年12月

TransferWise

以前、わたしの写真がイギリスで売れたことがあり、イギリスから5000円相当のお金を送金してもらったときは手数料を3000円も取られて、手元に2000円しか残りませんでした。°(TωT)°。

でも、いまはTransferWiseがあります。

なんと5000円の場合だと

TransferWiseの手数料は194円ですw(゚o゚)w

ほかの銀行は6000円とか2000円とか、送金する額より手数料が高いなんてことにもなります。

↓↓↓

最初に会員登録が必要ですが、画面に沿って流れていけば簡単にできました。

イメージはこんなかんじ↓↓↓日本のUFJ銀行のTransferWiseの口座に振り込めばあとは現地の銀行の口座に送金してくれます。

手順概要

流れとしては

  1. 会員登録
  2. TransferWiseの口座(UFJ)に送金

でOKです。

会員登録のときに準備するもの

以下のアップロードが必要になるのでパソコンに入れておくと早いです。

マイナンバーカードの写真、裏表

以下のいずれかの写真、裏表

  • 運転免許書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 住基カード

そして

オンラインで送金できる銀行口座

時間節約のためにもオンライン口座は必須です。

実際の手順

英語の画面が出てる人は画面右上から日本語にしておきましょう。

 

まず、最初の画面から、送金額を入力します。

たとえば10万円をイギリスに送る場合↓↓↓(このとき手数料も表示されます。939円ですね。)

 

会員登録

そしてウェルカムの画面にメールアドレスなどを入力します。

 

 

 

 

自分の住所などを入力します。

 

相手の銀行口座の情報を入力します。

 

あとは、免許書やマイナンバーの写真をアップロードすると会員登録はOKです。

 

 

 

今回は1回目だからそのまま送金できましたが

2回めは、簡易書留での本人確認が必要だそうです。↓↓↓

 

 

 

TransferWiseへの送金 UFJ銀行の口座に振り込む

画面にあるTransferWiseの口座番号にお金を振り込みます。

そのとき、備考欄には、自分の会員番号を記入します。

これで完了です(●´ω`●)

 

以上で登録から送金までが完了です。

あとは、自分の口座の画面から、追跡ができますので、相手に届いたかどうか、確認しましょう。

どんどん処理が進んでいくのがわかって安心ですね(●´ω`●)

 

 

TransferWiseを開発した人のメンバーには無料の国際電話システムSkypeを開発した人もいるそうです。

今後もこのようなボーダレスで安いサービスがいろいろでてくると思います。

楽しみですね。

 

手数料は国によって異なる

10万円をアメリカに送る時の手数料は、1007円  およそ1%

 

ユーロで送ると936円  およそ0.9%

 

100万円を送るとき

ユーロは、手数料、7990円 およそ0.08%

 

イギリスは7993円 およそ0.08%

 

アメリカは、8061円  およそ0.08%

送金先によって手数料が異なるのと

高額になれば手数料の率が下がるようです。

 

送金の上限は100万円まで

100万円を超える額を入力すると以下のように100万円までのようです。

 

 

 

 

TransferWiseのしくみ

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。