ツバメの巣 調べてみたら、免疫力アップに良さそうだ

ツバメの巣 調べてみたら、免疫力アップに良さそうだ

燕の巣(つばめのす、漢名:燕窩)は、アナツバメ類のうちジャワアナツバメなど数種の巣である。広東料理の高級食材とされる。

アマツバメ科は、極端に空中生活に適応したグループであり、繁殖期を除いてほとんど地表に降りることはない。睡眠も飛翔しながらとると言われるほどである。巣材も地表から集めるのではなく、空気中に漂っている鳥の羽毛などの塵埃を集め、これを唾液腺からの分泌物で固めて皿状の巣を作る。なかでもアナツバメ類の一部は、空中から採集した巣材をほとんど使わず、ほぼ全体が唾液腺の分泌物でできた巣を作る。海藻と唾液を混ぜて作った巣という俗説は正しくなく、海藻は基本的には含まれない。

東南アジア各国はアナツバメを保護するため、生息地への立ち入りを制限し、巣を採取する時期・方法などを厳重に管理している。アナツバメは雛が巣立ちしてしまうと同じ巣を利用することはないため、アナツバメが放棄した巣を採取している。オスは次の発情期になればまた唾液腺から特殊な分泌物を吐き出して新たに巣をつくる。

断崖絶壁における採取作業は非常に危険が伴う作業である。 阮葵生の『茶余客話』には、よく訓練したに布袋を背負わせて採取したと記されている。

アナツバメの巣は海岸近くの断崖につくられるが、断崖絶壁などに巣を作る習性の鳥は、しばしば鉄筋コンクリート製の建造物の増加した近代的な都市を本来の営巣環境に近似した環境と受け止めて巣作りを行う。ハヤブサチョウゲンボウの例が著名であるが、アナツバメ類にもこうした傾向が見られる。近年ではこのような習性を利用して、東南アジア諸国の鉄筋コンクリート製建造物の窓を開け放して天然の洞窟に似せた環境を整え、集団営巣地を作らせることができるようになり、市場への供給量が増した[1]

アナツバメの巣は世界中で高い人気を誇る食材となっており、スープの具やデザートの素材や飾り付けとして用いられる。

中華料理の中でも特に広東料理で利用される。初頃に中華世界に知られるようになり、代になるとふかひれや乾しあわびと並ぶ高級中華食材として珍重されるようになった。燕の巣が出る宴席は「燕菜席」と呼ばれ、満漢全席に次いで格式の高い宴席となっている。

日本においても、江戸時代初期の料理書『料理物語』に、「燕巣(えんず)」という名で記載されており、吸い物刺身つまとして用いられていた。日本では上記のとおり生産されておらず、交易によって輸入されたものであり、中国同様に貴重な食材である。

独特のゼリー状の食感が特徴である。タンパク質多糖類が結合したムチンが主成分であり、タンパク質と共に、糖質の一種であるシアル酸を多く含んでいる。また、インターロイキン-6上皮成長因子(EGF)、繊維芽細胞成長因子(FGF)様のサイトカインが多種含まれることが近年わかってきた[3]。古くから美容と健康に良いとされている漢方食材であり、西太后も連日食したと伝えられている。

 

Wikipediaより

 

8種類の糖鎖栄養素のうち6種を含むのが「燕の巣」

「糖鎖栄養素」は糖鎖を構成する8種類の単糖のことです。 8種がそれぞれに機能を持つ栄養素ですが、さまざまな組み合わせでつながって糖鎖になることで、“病気の見張り番”や“免疫を働かせる司令塔”として働くようになるのです。 糖鎖を長く元気にするには、糖鎖栄養素の摂取が有効です。しかし、8種の糖鎖栄養素のうちグルコース、ガラクトース以外は、一般的な食品からはなかなか十分に摂れません。 ただ、「燕の巣」は特別で、6種類の糖鎖栄養素を豊富に含有しています。しかも、ほとんどの糖鎖の先端に存在して重要な働きをする「シアル酸」が、 他の食物とは比べ物にならないほど高濃度に含まれているのです。

免疫力は加齢とともに低下していきます。その理由の1つが、免疫システムの最前線で働く「糖鎖(とうさ)」が短くなるためです。糖鎖は、すべての細胞の一部として細胞の表面に存在していて、情報をキャッチしたり、細胞同士の情報伝達といったアンテナの役割を果たしています。体内への異物の侵入や身体の異常を素早く感知するのも糖鎖の仕事です。

食事から ほとんど摂れない糖鎖
糖鎖栄養素 供給源 働き
マンノース 燕の巣、キノコ、アロエ、サボテン、コロイド天然水、コンニャク など 免疫に重要、マクロファージ活性化、細菌感染阻害
フコース 燕の巣、藻類(特にモズクやひじき)、亜麻 など 免疫系に重要、がんの成長・転移阻害、気道感染症治療、抗炎症
キシロース 穀物や植物の皮、キノコ、コロイド天然水、メープルシロップ など 殺菌作用、病原体・アレルゲンの結合阻害
N-アセチル グルコサミン 燕の巣、甲殻類の甲羅(カニ、エビ)など 変形性関節症治療、グルコサミノクリガン形成、がんの抑制、ヒアルロン酸の素
N-アセチル ガラクトサミン 燕の巣、キノコ、鮫軟骨、牛乳、ムコ多糖体 など がんの増殖・転移に関与
N-アセチル ノイラミン酸 (シアル酸) 燕の巣、母乳、ホエイタンパク など 脳の発達に必要、免疫系に関与、粘膜の粘度調節(細菌感染防止)、シアル酸=
食事から 十分摂れる
糖鎖栄養素 供給源 働き
グルコース ほとんどの植物・穀物、キノコ、コロイド天然水 など ブドウ糖、重荷エネルギー源、免疫賦活作用
ガラクトース 燕の巣、乳製品、キノコ、増粘剤(カラギーナン)など 免疫系に重要、がんの成長・転移阻害、腸内細菌の維持、カルシウムの吸収の増加

 

 

まとめ

・ツバメの巣をつくるアナツバメは、ほぼ飛んだまま生活する。

・ツバメの巣は、唾液の分泌物から作る。

・高級食材である。

・日本では生産されていない。

・ツバメの巣は免疫力アップに関与する糖鎖を豊富に含む。

 

糖鎖について

・糖鎖は免疫と関係する

・体内で合成できないので食品から摂取する必要がある。

写真はhttp://chugokugo-script.net/shoku-bunka/tsubamenosu.htmlより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。