経験と拒否反応や驚きとの関係

経験と拒否反応や驚きとの関係

人は、経験のないことに遭遇したとき

逃避、拒否、攻撃、否定、怖れ、驚き

などの行動をとります。

これは、危険から身を守る本能の働きであり正常な反応です。

それを経験した後は、驚くことがなくなります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。