【紫電改の博物館、愛媛県】世界で4機のうちの日本に唯一存在する紫電改が愛媛県にあった。

【紫電改の博物館、愛媛県】世界で4機のうちの日本に唯一存在する紫電改が愛媛県にあった。

紫電改展示館

〒798-4110 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城5688番地(南レク南宇和管理事務所所在地)

開館時間

午前9時から午後5時
休館日

12月29日から1月1日
料金

入館料無料
問合せ先

南レク南宇和管理事務所
電話番号:0895-72-3212

 

昭和53年(1978年)に久良湾で発見され、引き上げられた紫電改が宇和海展望タワーのある馬瀬山山頂に恒久平和を願うシンボルとして展示されています。紫電改はゼロ戦に代わる新鋭機として終戦間近に開発され、海軍のもっとも優れた戦闘機だったと言われています。館内には紫電改に関連する写真、資料のほか記録映像も見ることができます。この紫電改は日本に現存する唯一のものです。

ホームページhttps://www.town.ainan.ehime.jp/kanko/sightseeing/asobu/shidenkai-tenjikan.htmlより

 

世界に4機しかないといわれている紫電改。

日本では唯一ここにあります。

名作と言われたゼロ戦の後継機種として開発されゼロ戦を上回る性能と言われた紫電改です。

 

【楽天トラベル】おすすめホテル検索

【四国】徳島・香川・愛媛・高知・ホテルすべて

 

【JAL楽パック・イチオシプラン】全国売れ筋ホテルのイチオシプランが大集合

 

【ホテル人気ランキング】楽天トラベル

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。