【WRX】EJ20の次のWRXは400馬力に迫るという

【WRX】EJ20の次のWRXは400馬力に迫るという

 

 

 

以下https://bestcarweb.jp/news/scoop/130485より抜粋

【新型スバルWRX STIは400馬力!!】EJ20の後は新開発の2.4Lターボ降臨!!

ベストカーが関係者から伝え聞いた情報では、北米向けアセントに搭載されているFA24型ターボをベースにハイパワー化して、320ps/45.0kgm程度のパフォーマンスを引き出す新エンジンをS4用に開発中、という。

FA20エンジンはボア=86.0mm、ストローク=86.0mmのスクエア比で総排気量1998cc。FA24型はストロークは86.0mmのままボアが94.0mmとなり、総排気量は2387ccだ。

新型WRX S4にはFA20型ターボに代わり、FA24型ターボが搭載される可能性が濃厚。WRX STIではこのFA24ターボをベースにピストンの重量合わせやクランクシャフトのダイナミックバランス取りなどを実施し、ターボの過給圧アップなどとあわせて400ps/50.0㎏m程度のパワーを発揮することになる

FA型シリーズはハイパワー化にも対応するエンジンでボアピッチも大きく、ブロックの強度にも余裕がある。

「メルセデスベンツAMGは現在2Lターボで421ps、最大トルク51.0kgmを出しています。STIモデルのエンジンが、最強とはいかなくても、大幅に負けるわけにはいかないというのが、開発現場の気持ちです」という関係者の言葉を聞いた。

新型WRX STIに搭載されるFA24ターボはS4用よりも大幅にパフォーマンスアップされ、最高出力400ps級、最大トルク50㎏mに迫るパフォーマンスとなることは間違いないだろう。

キープコンセプトながら、スバルの最新デザイン、ダイナミック×ソリッドを採り入れながら進化する(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。