【バッテリーあがり対策】冬のバッテリー、ソーラーパネルで元気

【バッテリーあがり対策】冬のバッテリー、ソーラーパネルで元気

 

 

冬と夏はバッテリーにとっては厳しい季節

暑いのも寒いのも苦手って、これって人と同じだよね笑

ともあれ、モフPのは、ソーラーチャージャーでいつも充電してるので

寒い冬でもバッテリーは元気です(●´ω`●)

発電量によりいくつか種類があります。モフPのは5000円ぐらいのやつです。

配線は簡単です。ヒューズの場所を見つけて、そこに差し込むだけでした。30分ぐらいでできました。

 

 

価格チェック【車載ソーラーチャージャー】楽天

 

 

取り付け

時間は30分ぐらい。簡単でした。

まず、ヒューズ端子は、大小2種類が入ってました。

インプレッサの場合、小さいヒューズだったので、付け替えます。

ガラス管みたいな、これもヒューズですが、これに差し込むだけ。

はい、できあがり。

さて、つぎはクルマの運転席に行きヒューズボックスを開きます。。

運転席のひざの前あたりのヒューズボックスのカバーを開くとこんなかんじ。

カバーの裏側に、このようにヒューズの説明がかかれています。

マニュアルによると、常時、バッテリに接続されているヒューズは、「ドアロック」です。

一番上の左から3番目です。

はい、抜き取りました。ちょっと固いのでプライヤでやさしく抜きました。

 

抜きとったのが下。あたらしく付けるのが上。同じサイズですね。

はい、付けました(^-^♪

押し込むだけです。

こんなかんじ。

ケーブルは、奥にしまいこんで、コンソール方向に伸ばしました。

次はアースをどこから取るか探します。

コンソールのねじをふたつ緩めます。

 

うしろにスライドさせると、小物入れの部分がうしろにずれます。

内部が見えてきました。この中を探せばアースによさそうなボディの部分があるはず。

ありました。すでにオーディオかなんかのアースをしているネジがありました。

ここが一番、簡単そう(手が入りそう)なので、

ここに取り付けました。

そして、ケーブルを助手席側からだして、ソーラー充電器の本体からのケーブルに接続します。

 

吸盤で取り付けてみました。

ふむふむ。

なんとなく、落ちてきそうな予感。。。

そこで、100円ショップの滑り止めマットの上に置くことにしました。

ちなみに、走行中は片付けます。配線は、そのままでよいそうです。

青いLEDが点滅して充電していることを知らせてました。

曇りの日でしたが、しっかり発電してました。

ソーラー充電器からの電圧は17.86Vでした。

そして、バッテリに接続。

充電開始。

これでOKです。

 

・・・ここからは、過去の経緯です・・・

そもそも取り付け前の話ですが

東京に来てから毎日乗ることも減り、冬場のバッテリーあがりが心配でした。

ディーラーさんからは、早めに交換したほうがいいですね、という判断でした。

↓このときバッテリーは6年間使ってました。

Dラーで充電してもらってこんな状態↓満杯にならないんです。さすがに寿命かな。

バッテリーを買おうかなと思いましたが、そのときソーラーチャージャーを知りました。

5000円ぐらいでソーラーチャージャーを試してみて
もしバッテリー交換しなくていいなら5000円のほうが安い!

と思いソーラーチャージャーを装備してみました。

その後、エンジンが一発でかかるようになりびっくりしました。

そして2年経過して、その間、一回もバッテリーはあがってないです。

その時点で、バッテリーは8年間使ったことになります。

その間、毎回、Dラーのチェックでは、いつも「注意」レベル。

・結論

1.ソーラーチャージャーは、取り付け時点のバッテリー容量をキープできる。

2.新品状態まで容量が回復することはない。

3.ソーラーチャージャーを取り付けることでエンジンの始動性がよくなる。

・・・・

さて

さすがに8年使えばバッテリーは十分、元は取った

と思ったのと、新品状態まで回復しないこともわかり

超ロングドライブをするモフPとしては、万一の旅先でのトラブルも避けたいので

バッテリーは新品にしました。

新たなバッテリーにもひきつづきソーラーチャージャーを使用しています。

現在、新たなバッテリーにして2年。

新品のバッテリーとソーラーチャージャーの組み合わせで

これから何年先まで元気にキープできるか楽しみです。

 

 

価格チェック【車載ソーラーチャージャー】楽天

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。