【桜・東京】千鳥ヶ淵 おすすめルート 満開をすぎて散り始めでした お花見 2020年4月上旬

【桜・東京】千鳥ヶ淵 おすすめルート 満開をすぎて散り始めでした お花見 2020年4月上旬

 

千鳥ヶ淵の桜のお花見コースは、

九段下駅から、2番出口を出て、武道館から、お堀に沿って桜を眺め、南から出て、お堀に沿って西から北に上り、千鳥ヶ淵縁道の桜を見て、靖国神社で締めるというのがオススメです。

2番出口なら坂道を登る必要がありません。これの逆ルートだと坂道を登るルートになります。

 

実際に歩いてみましょう。

 

2番出口のエスカレータの出口からもう桜が見え始めます。ワクワクしますね。

このときなにげにスマホを取り出したら12:12。ゾロ目は天使のサイン。桜の天使からのサインですね(∩´∀`)∩

お昼休みのサラリーマンの方たちもちらほら花見に出てくる時間でした。

302号線に沿っての桜も見事でした。

満開からちょっとすぎたところです。

この日は、ときどき強い風が吹いて桜がハラハラと舞って綺麗でした。

武道館の反対方向に靖国神社があります。

上り坂になっていますので、靖国神社を最後に訪問したほうが坂道の関係から楽です。

 

田安門、、ここから見える桜は風情があります。江戸時代の人たちと同じ光景を見ているような気がします。

コロナの影響で人手は少ないですが、それでもひっきりなしに人が往来していました。

門の反対側には、武道館の玉ねぎが見えてます笑

  

いまは工事をしていて駐車場も閉鎖でした。電車で来てよかったです。

そして、お堀の縁に上がりますと千鳥ヶ淵がキレイに見渡せます。

キラキラと美しい。桜の天使。

 

桜の天使

ハラリと舞い降りてきました。

南出口を出て美術館前をとおり、高速道路を眺めつつお堀沿いに歩きます。すこし距離がありますが。

そして、代官町通りを下ります。下るので楽です。逆ルートだと、ここは上り坂になります。

 

坂の最後のあたりの桜もいい景色です。

 

菜の花とのコラボがいいですね。

 

そして千鳥ヶ淵の縁道になります。

これぞ千鳥ヶ淵という、定番中の定番のショットですね。

 

龍が玉ねぎを狙ってました笑 玉ねぎは武道館のニックネームですね。

いやあ、もう桜だらけで大満足です。

そして自然と最初のスタート地点近くの302号線にでます。

ここから、道を渡ると靖国神社になります。

 

 

コロナの影響で、柄杓は無しですが、ちゃんと水が流れていて、お清めができるようになっていました。

さすがです。

桜は、満開を少し過ぎて葉桜もちらほらでした。

いまは柵ができていて木の下には行けなくなっていました。この前は行けたのですが。

参拝してきました。

 

ということで、桜づくしの一日でした。

桜さん、ごちそうさま、おなかいっぱいです(∩´∀`)∩

およそ1万歩、6キロほど散策していたようです。

ぐっすり眠れそうです笑

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。