【ドローン】免許制度の導入 2022年を目処に 政府

【ドローン】免許制度の導入 2022年を目処に 政府

 

以下https://viva-drone.com/drone-2022-drone/より抜粋

2020年2月28日、ドローンの登録制度を導入することを日本政府が閣議決定しました。この流れに伴い航空法の改正を行い、め2022年をめどに免許制度の導入やドローン機体や所有者の情報を国に登録することを義務付ける方針です。

他国では、例えば中国ではすでに実名でのドローン登録が義務付けられています。しかしこの中国の登録システムは情報を適当に入力しても登録できてしまうことから問題が多発。システム構造を今一度、見直す方針です。

アメリカでは外国人がドローン飛行を行うには所有するドローンを入国時に登録することが法律で定められています。登録はこちらのアメリカ連邦航空局(FAA)のホームページで行うことができます。アメリカでは何かトラブルが起きた際にすぐに対処できる様に、また違法な危険ドローンは飛行ができない様ルールを徹底しています。

 


以下https://this.kiji.is/617205935560197217より

2020/3/30

政府がドローン操縦の免許制度を2022年にも設ける方針を固めたことが30日、分かった。操縦者の目が届かない距離で、市街地上空を飛ばす場合などには取得を必須とする方向だ。

 


 

 

おすすめ

ドローン MAVIC2

価格チェック DJI Mavic 2 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。