【ウイルス】菌やウイルスは水分があると水に吸着して地上に落ちる。

【ウイルス】菌やウイルスは水分があると水に吸着して地上に落ちる。

・水分とウイルスや菌

ウイルスは水があると水に吸着して地上に落ちる。

結果として空気中の水分は菌やウイルスの空気感染を防ぐことができる。

したがって湖や川、滝、池などは、空気中の水分が豊富なので空気中のウイルスは少ないだろう。

雨がふる日も空気中のウイルスは少ないだろう。

・呼吸とウイルスや菌

また生物は呼吸をするが、呼吸でウイルスを取り込んだとしても免疫系が正常であればウイルスを殺すので生物はウイルスバスターの役割を果たす。

このことから免疫が正常な人や呼吸をする生物がたくさんいる場所のほうが空気中のウイルスが少ないといえる。

動物だけでなく植物も呼吸する。

森林は植物が密集しているからウイルスが少ないだろう。

・大事なのは免疫力

手洗いやうがいもいいし、マスクなど、いろいろな予防策が報じられているけど

免疫力が低下してしまうと予防策も効力が低下する。

大事なことは免疫力を正常に保つこと。

免疫力が正常であれば鬼に金棒で無敵になる。

免疫力は酸化ストレスで低下する。

酸化ストレスは

精神ストレス、タバコ、過度の飲酒、過度の運動、過度の重労働などで蓄積されます。 

酸化ストレスは、細胞の機能を低下させ、免疫力を下げるので万病のもとと言われています。 

「酸化ストレスの軽減に有効な手段のひとつとして新しいのが「電子水」です。実際の臨床現場で対象者の酸化ストレスを軽減させたデータを医学誌に発表しました」恵仁会 藤木病院 藤木理事長

価格チェック【酸化ストレスを軽減「戸隠の電子水」】楽天

以下↓↓https://water-explanation.com/mametisiki/seibutu-suibun/より

私たち人間は約60パーセントが水で構成されています。赤ちゃんの頃には最も水分量が多く、体の約75パーセントが水分です。そして、年をとるとともに段々からだの水分が減っていき、老人で50パーセント程度になります。

このように人間の水分量はとても多いのですが、他の生物はどうなのでしょうか。

実は、その多くがやはり水で構成されているのです。

たとえば、犬は約60パーセント、猫は約70パーセントが水分です。このように陸上で暮らす動物の多くは人間と大差なく水分量が豊富です。

海の生物になると水分量も多く、魚は約75パーセントです。特に水分量が多いといわれるクラゲにいたっては、実にその96~97パーセントが水でできています。

そして動物以外にもスイカやトマト、きゅうり、セロリなどの野菜は約90パーセントが水分で、その他にも90パーセントを超える野菜は数え切れません。

果実で水分量がすくないイメージのバナナでも75パーセントです。ブドウやみかん、パイナップルなどは約85パーセント程度です。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。