【スーパームーン】地球にもっとも近い満月を埼玉の金乗院で眺める、2020年4月8日  次回は2016年

【スーパームーン】地球にもっとも近い満月を埼玉の金乗院で眺める、2020年4月8日  次回は2016年

スーパームーン英語: supermoon)とは、満月または新月と、楕円軌道における地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。Wikipediaより

 

金乗院 埼玉県所沢市

やけに明るい月夜だなあと思ったらスーパームーンだったんですね。

桜は、散り始め、葉桜ちらほら。

 

 

 

本尊は千手観音山口観音とも称される。

 

ご本尊の千手観音からの伝言です

「先が見えないように思うのは自分の外の雑音を見ているからです。

雑音を捨て、内なる声を聞けば道は最初からそこにあります」

 

スーパームーン英語: supermoon)とは、満月または新月と、楕円軌道における地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。

月が地球に対する近点(近地点)にあると同時に、太陽と地球に対し、月が(望)となった時の月のことである。

地球から月までの距離は、楕円軌道であるために、約35万7000kmから40万6000kmまで変化する。

近点の満月は、遠点のものよりも最大14%大きく、30%明るい

 

「スーパームーン」という用語は天文学の正式な用語ではなく[3]占星術に由来するものである[4](天文学では近点の満月をPerigee full moon[5]、新月をPerigee new moonと呼称している)。

この反対の現象である、遠点での惑星直列はMicromoon(最小満月)と呼ばれるが[6]、この用語はスーパームーンほどは広まっていない。

 

2016年のスーパームーンでは月と地球の距離が68年ぶりに最接近する(35万6511kmの距離まで月と地球が最接近した約2時間半後に満月を迎える。

Wikipediaより

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。