【渦の道】高所注意・45Mの高さからガラス越しに渦を見下ろす。大鳴門橋・徳島県 鳴門市

【渦の道】高所注意・45Mの高さからガラス越しに渦を見下ろす。大鳴門橋・徳島県 鳴門市

渦の道(うずのみち、Uzunomichi)は、鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋桁下部に設置された延長約450m遊歩道および展望台である。2000年4月開設。徳島県を代表する観光地のひとつであり、展望台から鳴門の渦潮を間近に見下ろすことができる。

徳島県立の観光施設であり、鳴門公園の一部である。関西方面から四国への経路上にあることもあり、年間の入場者数は約60万人にも上る。

徳島県立の観光施設であり、鳴門公園の一部である。関西方面から四国への経路上にあることもあり、年間の入場者数は約60万人にも上る(2007年度で597,660人[1])。

大毛島の北端、大鳴門橋の徳島県側アンカレイジの上部が入場口となっており、そこから橋桁下層部分に約450mの遊歩道が伸びており、ちょうど渦潮の発生する場所の真上まで行くことが出来る。遊歩道の終端は展望台になっており、渦潮を直上から見下ろせる。海面からの高さは約45m。

展望台からは南東(太平洋)と北西(瀬戸内海)が見渡せるほか、床の一部がガラス張りになっており渦潮を真上から観察できる。遊歩道の床も数ヶ所ガラス張りになっている。強風が橋の構造に悪影響を与えないようにするため[2][3]外部との仕切りはほとんどが金属の網となっており、風がそのまま施設内に入ってくる。遊歩道には休憩所やトイレが設置されている。

なお、「渦の道」は大鳴門橋の途中で途切れているため、これを使って大鳴門橋を渡ることはできない。大鳴門橋自体も自動車専用道路であるため、鳴門海峡を徒歩・自転車原付で渡ることは2010年現在不可能である(航路も存在しない)。なお淡路交通が鳴門海峡を渡る路線バスを運行しているが、本数は1日6本程度と少ない。

 

  • アクセス
    • バス
      • 鳴門公園バス停(徳島バス鳴門線、鳴門藍住線、鳴門公園線)より徒歩10分
      • 鳴門公園駐車場(有料、鳴門北ICより車で5分)より徒歩10分
  • 開館時間
  • 料金
    • 510円(大人)、410円(中高生)、260円(小学生)
  • 休館日
    • 3月、6月、9月、12月の第2月曜日

 

Wikipediaより

満潮と引き潮の高さの差で渦ができます。

なにげに橋のすきまから見えるのもけっこう迫力ありありです。

 

メインは、このガラス越しの渦。。このガラスの上も歩けます(∩´∀`)∩

高さ45メーターとは、ビルでいうと15階ぐらい。ちょっとクラクラ。。

 

徳島に来たら、徳島ラーメンも忘れずに。豚バラ肉で、味付けは、すき焼きみたいな甘辛スープです。

 

春。。桜。。

 

吉野川の土手の菜の花も名所だと思ってます。

 

 

【ホテル人気ランキング】楽天トラベル

【JAL楽パック・イチオシプラン】全国売れ筋ホテルのイチオシプランが大集合

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。