「10万円給付金」iPhoneで申請してみた 1箇所、トリックがあったけど、なんとかOK

「10万円給付金」iPhoneで申請してみた 1箇所、トリックがあったけど、なんとかOK

iPhoneの条件は、

iPhone7以降

iOSは13.1以降

です。

 

iOSのバージョンは設定>>一般>>情報でわかります。

うちのiPhoneは、iOSが12だったので、まずはアップデートしないといけません。

その前に、

メモリーの空き容量が少なすぎるとうまくいかないこともあるので先にメモリーの空きを確認しました。

一般>>iPhoneストレージで確認できます。

32Gのうち24G使用していたので空きは8Gぐらい。そこそこ大丈夫でしょう。

空きが10%ぐらいだと不必要な写真やアプリを削除して空きを増やしたほうが無難と思います。

さて、

アップデートは、一般>>ソフトウェア・アップデートから行います。

以下から「ダウンロードとインストール」をクリックでスタートします。

 

1時間半ぐらいかかりました。


次にAppStoreに行き

マイナポータルAP

というアプリをダウンロードします。

 

起動したら「スマホでログイン」をクリックします。

以下、画面が出ますのでパスワードを入力します。

正直、パスワードなど覚えてなくてあせりましたが、マイナンバーカードを申請したときのメモにありましたので助かりました。以下の「利用者証明用電子証明書」のパスワードは、4桁です。

次に、マイナンバーカードをスマホで読み取ります。

しかし、けっこう読み取りミスを連発します。

いろんな場所でテストしましたが

以下の図の場所がいちばん読み取りやすいようです。

次の画面に進みます。

以下が出ます。↓↓↓ 連絡用のメールを入力して同意を押します。

次の画面に進みます。

以下から「申請はこちら」を押します。

次の画面に進みます。

以下から郵便番号を入力して地域を選びます。

次の画面に進みます。

以下、「特別定額給付金」にチェックして「この条件で探す」をクリック。

次の画面に進みます。

以下、「特別定額給付金」にチェックして「申請する」をクリック。

次の画面に進みます。

以下、OK。

次の画面に進みます。

以下、「次へ進む」をクリック。

 

次の画面に進みます。

以下、2つにチェックして「次へ進む」をクリックします。

□マイナンバーカードを持っています

□署名用電子証明書の暗証番号を覚えている。

 

 

次の画面に進みます。以下、連絡先を入力します。

次の画面に進みます。

以下、申請者の住所などを入力します。カード読み取りは失敗する確率がありますので手入力をおすすめします。

 

次の画面に進みます。

以下、10万円を受けとる銀行口座(または、ゆうちょ銀行)の口座番号などを入力します。

次の画面に進みます。

以下、確認します。

次の画面に進みます。

以下、添付書類の登録、では、

銀行の通帳またはキャッシュカードなどをスマホで撮影するか、スマホの写真の中から選択します。

次の画面に進みます。

以下、確認します。

次の画面に進みます。

以下、マイナンバーカードをスマホで読み込みます。

このとき署名用電子証明書の暗証番号を入力します。

以下、

「電子署名の付与に成功しました」が出ます。

作業終了、お疲れ様でした。と思うでしょ。しかし、ちがうのです。

Safariを確認してくださいと書いてますが、何を確認するのかわかりません。

意味不明です。

閉じるを押すと以下になります。

↑↑左上の◀Safariを押すと次の画面になります。

 

何を確認するのかわかりません。

意味不明です。

さきほど

「電子署名の付与に成功しました」

という画面がでているのに

さらにまた

以下の↓↓↓「電子署名を付与する」というボタンをダメなのです。これはトリックですね。

 

これはも文字表記が間違っています。

正解は以下↓↓↓と思います

ともあれ、また「電子署名を付与する」を押します。

以下がでて

送信を実行

送信完了

で、

受付番号が表示されたら正解です!! お疲れさまでした。この画面を写メしておきましょう。

 

いちおう

↓↓↓「控えをダウンロードする」がありますが、どこにダウンロードされたのかさっぱりわかりませんでした。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。