【コロナ】コロナ明けのキャンペーンについて 内閣府

【コロナ】コロナ明けのキャンペーンについて 内閣府

政府は新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の延長で重点的な対策が必要な13の特定警戒都道府県を維持した。人と人との接触を8割削減する目標などを引き続き要求する。それ以外の34県は外出自粛や施設の使用制限を緩和した。自粛の長期化で経済活動への懸念に配慮する。

 

内閣府の発表https://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2020/20200407_taisaku.pdfからのまとめ

1.観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント事業等に対する支援

Go Toキャンペーン(仮称)

・旅行、飲食、イベントに関する割引、クーポンなどが付与される。
・業者は募集する。

2.地域経済の活性化

・日本政府観光局(JNTO)を通じた訪日外国人旅行客の需要回復のための大規模プロモーション(国土交通省)
・国立公園等への誘客・ワーケーションの推進(環境省)
・特定有人国境離島地域等における滞在型観光の促進等(内閣府、 国土交通省)

 

以下、内閣府https://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2020/20200407_taisaku.pdfより抜粋

今回の新型コロナウイルス感染症の影響により、売上等に甚大な打 撃を被った観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテインメント 事業を対象に、Go Toキャンペーン(仮称)として、新型コロナ ウイルス感染症の拡大が収束した後の一定期間に限定して、官民一体 型の消費喚起キャンペーンを実施する。
具体的には、キャンペーン期 間中の旅行商品を購入した消費者や飲食店を予約・来店した消費者、 飲食店で使える食事券を購入した消費者、イベント・エンターテイン メントのチケットを購入した消費者に対し、割引・ポイント・クーポ ン券等を付与する。
その際、キャンペーン全体で統一的な事務局を設 置の上、全国津々浦々から本事業に参加する事業者を募集する。また、 全国の商店街等において賑わいを回復するためのイベント開催等の キャンペーン実施を支援する。この際、民間企業や自治体、商店街等 と連携し、官民一体でわかりやすく周知するための広報を実施する。

関連

・青森県、休業要請延長せず6日終了 外出自粛緩和

・群馬県民に対する外出自粛要請の期間を5月末まで延長すると発表

・長野県は5日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、6日までを期限とする県民向けの外出自粛要請を15日まで延長する一方、事業者への休業要請は接待を伴う飲食店などを除いて7日から緩和すると決めた。

・滋賀県は5日、新型コロナウイルス対策で続けてきた外出やイベントの自粛要請、休業要請について、11日から一部緩和すると発表した。

 

 

特定警戒都道府県以外の34県は感染防止のための条件を満たせば飲食店の営業短縮の解除などが可能になる。

 

そういえば、高速道路0円というのは、どうなったんだろ。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。