【紫の花】アガパンサス ブルーリリー 春から夏の花

【紫の花】アガパンサス ブルーリリー 春から夏の花

紫のトランペットみたい。

紫、いいですねえ。

これはなんという名前でしょうか。

調べたら

Bell Agapanthus (English)
Bloulelie (Afrikaans)
leta-laphofu (Sesotho)
ubani (Zulu)
ugebeleweni (Xhosa)

アガパンサス

ブルーリリー

などでした。

 

アガパンサス属(アガパンサスぞく、Agapanthus)は、単子葉植物の1つで、南アフリカ原産。日本では園芸用に球根が販売される。

半耐寒性多年草で花期は6 – 7月頃。南アフリカ原産。

「アガパンサス」はギリシャ語のagape(アガペ 愛)とanthos(アントス 花)の2語の組み合わせで、このため花言葉は「愛」や「恋」にちなんだものが多い[1]

 

 

6月、7月に咲く花らしいですが、ここのところ28℃ぐらいの暑い日があったので、咲き始めているようです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。