【四国八十八ヶ所】第八十五番 八栗寺・八栗山・五剣山 香川県 ツツジ

【四国八十八ヶ所】第八十五番 八栗寺・八栗山・五剣山 香川県 ツツジ

八栗寺(やくりじ)は、香川県高松市牟礼町牟礼八栗にある真言宗大覚寺派寺院四国八十八箇所霊場の第八十五番札所本尊聖観音

本尊真言:おん あろりきゃ そわか

ご詠歌:煩悩(ぼんのう)を胸の智火(ちか)にて八栗(やくり)をば 修行者ならでたれか知るべき

納経印:当寺本尊、歓喜天

 

 

四国85番霊場とともに、歓喜天霊場として知られ、木食以空が東福門院から賜った伝・弘法大師作の歓喜天が祀られていて「八栗の聖天さん」と呼ばれる[1]。 寺伝によれば空海(弘法大師)がここで虚空蔵求聞持法を修めた際、五本の剣が天から降り蔵王権現が現れて、この地が霊地であることを告げた。空海は降ってきた剣を中獄に埋め、岩盤に丈六の大日如来の像を刻んで山の鎮護とし五剣山と名づけ天長6年(829年)開基したという。

五剣山頂上は眺望が良く八つの国が見えたので、「八国寺」ともいわれた。唐から帰朝後、空海は再訪し唐に渡る前に入唐求法の前効を試みるため、植えておいた焼き栗八つがみな成長し繁殖しているのを見て八国寺を「八栗寺」に改めた。

天正の兵火で全焼したが、文禄年中(1593-96年)に無辺上人が本堂を再建した。さらに寛永19年(1642年)高松藩主松平頼重が現在の本堂を再建して、聖観音を本尊とし観自在院と称するようになる。なお棟札によると二天門と本堂は三代藩主松平頼豊が宝永6年(1709年)再建とあるが、宝永3年(1706年)五剣山のうち東峰が崩壊する大地震が影響していると思われる。

  • 山門(二天門)
  • 本堂 :毎年、正月三が日、本尊脇仏不動明王愛染明王が開帳される。なお、常に厨子の扉は開いていて本尊と脇仏は正面隙間から覗けば拝顔できる。
  • 大師堂:2014年に一年間、開帳された。その後も常に厨子の扉は開いていて拝顔できる。
  • 聖天堂 :歓喜天を祀る。延宝5年(1677年)建立。納経所に声をかければ堂内に入って参拝できる。
  • 護摩堂:聖天堂の左側に続き棟
  • 多宝塔
  • 菩提樹:中国産のシナノキ科(釈迦の菩提樹は本種ではなくインドボダイジュ)で樹齢50年。元の木は大師手植えで天然記念物だったと言われる。[2]
  • 新四国八十八箇所:集合型と山内に点在の二つある。
  • 十一面観音立像:本堂の向かって左にある金仏で、仏の周を廻りながら祈願する。

歩き遍路は山門から入って正面に本堂、その手前左に納経所、右にずーと進んでいくと大師堂があり、その向こうに多宝塔がある。ケーブルカー利用は、ケーブル山上駅を出て進み左に曲がり道なりに行くと多宝塔、大師堂、さらに参道を行くと正面に聖天堂があり、その左が納経所で、右上に本堂がある。

  • 宿坊 :なし
  • 駐車場:八栗登山口駅前に無料大駐車場あり。
八栗新道(県道145号線)の寺側に民間駐車場あるが・・、正月期間は関係車以外通行止め。

 

 

文化財

香川の保存木
  • 八栗寺のイチョウ:樹高 24.5m、胸高幹周 4.3m、枝張り 12.5×13.5m、昭和53.3.23指定

 

 

 

鉄道

 

バス
道路

 

五剣山(ごけんざん)は香川県高松市

一つの峰を剣と呼んで、西から一ノ剣、二ノ剣、三ノ剣、四ノ剣、五ノ剣と山上に5つの大きながあるためこの名前がついた。

地元では八栗山(やくりさん)とも呼ばれる。

 

 

中将坊堂
本堂の向って左の石段を上がるとあり、讃岐三大天狗の中将坊大権現を祀っていて、寺はここを奥の院としている。毎月1日と16日午前5時半から30分程の勤行と加持があり、その間だけ開帳がある。
五剣山
五つの峰の尾根筋には祠が点在し、最高所の四の峰の中腹には空海が求聞持法を修したと云われる岩窟があり、また、空海作と云われる約3mの大日如来磨崖仏「岩越の大日」が中腹の岩肌に刻まれている[3]
竹居観音
庵治半島の先端近くにあり、四国最北端(実際は西に少しずれている)でもある地に海に面して洞窟があり、馬頭観音を祀る。
竹居観音は、四国最北端でもあります。こちら↓↓

竹居観音岬、四国最北端【日本の東西南北の端16シリーズ・その9】

 

【四国八十八ヶ所】

モフPの体験からの四国八十八ヶ所のすべて

 

【四国八十八ヶ所】クルマで行く、難易度と対策

 

クルマで行くならこちら

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。