ケシ、ヒナゲシ、ポピー、ちがい

ケシ、ヒナゲシ、ポピー、ちがい

ケシ科(ケシか、Papaveraceae)は双子葉植物に属するケシヒナゲシハナビシソウなどを含む。

約40属800種ある[

ケシ科

主な属は以下↓↓

・・・

    このように
    ケシとヒナゲシは、ケシ属に含まれる。

ケシ属 Papaverケシヒナゲシオニゲシアツミゲシアイスランドポピー


 

ヒナゲシ

ヒナゲシ(雛芥子、雛罌粟、学名:Papaver rhoeas)は、ヨーロッパ原産のケシ科一年草グビジンソウ(虞美人草)、コクリコフランス語: Coquelicot)、シャーレイポピー (英語: Shirley poppy) とも呼ばれる。他のケシ科の植物も含めて単にポピーということもある。

ということで、ヒナゲシやそれより広い意味でポピーと呼ばれる。

英語では単に poppy といえばイギリス各地に自生しており、園芸種としても盛んに栽培されているヒナゲシCorn poppy を指す。

 

 

 


 

ケシ芥子罌粟、Opium poppy、学名 Papaver somniferum)は、ケシ科ケシ属に属する一年草植物

日本語でも、他の園芸用ケシ属植物と区別するため、特に本種を阿片ケシ(アヘンケシ)と呼ぶことがあり、学会などでは種小名を用いソムニフェルム種と呼ぶ。

Opium=アヘンを産生する植物はあへん法で栽培が禁止されている種に指定されており、厚生労働大臣の許可を得ずして栽培してはならない。

草丈は1-2mメートル程度で、の形は長楕円~長卵形で、上の葉ほど小さくなる。

葉に特徴がある

  • 葉柄がなく茎を抱く。他のケシ属は葉柄がある。
  • 切れ込みが浅く縁が波打つ。他のケシ属は深く切れ込み細かく裂けるものが多い。
  • 色がロウで覆われたような緑灰色である。他のケシ属は緑が鮮明なものが多い。
  • 表も裏もほとんど無毛である。葉に限らず、本種はほぼ無毛である。

といった点で区別できるが、これらの特徴は品種によってかなり差がある。

アツミゲシ Papaver setigerum

 

 

ハカマオニゲシ Papaver bracteatum

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。