【白い花、紫の花、赤い花】オオベニウツギ

【白い花、紫の花、赤い花】オオベニウツギ

オオベニウツギは、スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木です。 同じ属のタニウツギ(Weigela hortensis)は、北海道、本州に自生しますが、オオベニウツギは、中国原産です。 美しい花木で品種も多く、花色も濃紅色だけでなく、ピンクから白に花色が変化する品種や葉に斑が入るものもあります。

 

タニウツギ属(タニウツギぞく、学名:Weigela、和名漢字表記:谷空木属)はスイカズラ科の属の一つ。属名の Weigela は、ドイツの植物学者 Christian Ehrenfried Weigel (1748年 – 1831年)に因む。

高さ1-5mになる落葉の低木-小高木で、枝の髄が太い。葉は単葉で柄をもって対生し、縁に鋸歯があり、托葉はない。枝の先端か短枝の葉腋に散房花序をつけ、ふつう2-3の花をつける。萼片は5個あり、基部まで5裂するか下部で合着する。花冠は長さ2-4cmの漏斗状で、先端は5裂し、裂片は幅広く、やや唇形またはほぼ放射相称になる。色は黄色、白色、淡紅色-濃紅色などがあり、白から紅色に変化する種もある。雄蕊は5個ある。

東アジアの特産で約12種あり、日本では次の9種が知られる。観賞用として、公園や庭などに広く栽培されている。

 

 

 

 

 

オオベニウツギ(大紅空木)

英名
Oldfashioned weigela, Weigela
学名
Weigela florida
分類
Caprifbliaceae
Weigela(ヴァイゲラ)
名の由来
「florida」は、ラテン語で花が満開という意味。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:2〜3m/葉身長:6~10cm/葉身幅:3~5cm/葉柄長:1~5mm/花長:25~35mm
形態
樹形は株立ち。葉は先が尖った卵形で、鋸歯があり、対生する。5~6月頃、1年枝の先端や葉腋から筒状花を2〜3個づつ咲かせる。花は漏斗形で先端が5裂し、花色は濃紅色。
品種
欧米で人気があり、園芸品種が数多くある。
原産地
日本(九州)、朝鮮半島、中国北部
利用
庭木、庭園樹、公園樹
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。