【白い花 樹木】シャリンバイ

【白い花 樹木】シャリンバイ

シャリンバイ(車輪梅、学名Rhaphiolepis indica var. umbellataシノニムR. umbellata)は、バラ科シャリンバイ属の常緑低木。日本東北地方南部以南)、韓国台湾までの海岸近くに分布する。庭木や公園樹として植栽されることも多い[3]。沖縄の方言ではテカチ[4]、奄美大島ではテーチ木[5]と呼ぶ。和名は枝の分岐する様子が(葉の配列の様子とも)車輪のスポークのようで花がに似ることから。

 

日本では以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている[10]

 

以下の自治体の木または花の指定を受けている。山形県鶴岡市の「マルバシャリンバイの自生地」が、1956年(昭和31年)11月24日に県指定文化財天然記念物に指定された[12]

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。