ゆみりん 現美新幹線 STU48 瀧野由美子 新幹線 30車両すべて見る 鉄女 鉄ちゃん part 10

ゆみりん 現美新幹線 STU48 瀧野由美子 新幹線 30車両すべて見る 鉄女 鉄ちゃん part 10

現美新幹線の巻

ゆみりんが関係者以外、立入禁止の場所に潜入します。

そこで見たものは!?(・∀・)♪+.゚

 

上越新幹線でジョイフルトレインとして運用される。名前の由来は現代美術の略称「現美」から。外観デザインは蜷川実花が担当し[3][4]、黒を基調に夏の夜空を彩る長岡の花火を描いている[5]。内装デザインはジェイアール東日本建築設計事務所が担当し、美術館のようにアートが展示される。また、13号車にはカフェコーナーの設備があり、ツバメコーヒーによるコーヒーや十日町すこやかファクトリーによるスイーツ[6]、アルコールメニューを楽しむことができる。

 

上越新幹線でジョイフルトレインとして運用される。名前の由来は現代美術の略称「現美」から。外観デザインは蜷川実花が担当し[3][4]、黒を基調に夏の夜空を彩る長岡の花火を描いている[5]。内装デザインはジェイアール東日本建築設計事務所が担当し、美術館のようにアートが展示される。また、13号車にはカフェコーナーの設備があり、ツバメコーヒーによるコーヒーや十日町すこやかファクトリーによるスイーツ[6]、アルコールメニューを楽しむことができる。

各車両の詳細

11号車[8]
担当アーティスト:松本尚[5](絵画)

種車のグリーン車の座席を普通車指定席として使用。

12号車
担当アーティスト:小牟田悠介[5](平面)
13号車
カフェ 担当アーティスト:古武家賢太郎(絵画)
キッズスペース 担当アーティスト:パラモデル[5](絵画・彫刻)
14号車
担当アーティスト:石川直樹[5](写真)
15号車
担当アーティスト:荒神明香[5](立体)
16号車
担当アーティスト:AKI INOMATA[9](2018年3月 – )/ブライアン・アルフレッド[5](2016年4月 – 2018年3月)(映像)

土休日を中心に運用される。越後湯沢駅 – 新潟駅間を各駅停車で運転する「とき」451 − 456号の臨時列車として1日3往復で運用[6]、所要時間は約50分。

指定席は11号車のみで、12〜16号車は自由席となっている。なお、2016年6月までの運行分については全車指定席となり、11号車(座席車)のみ一般発売され、12〜16号車は旅行商品として販売された[6](ただし、5月21日より立席特急券が設定された[11])。

Wikipediaより

 

TOMIX Nゲージ E3 700系上越新幹線 現美新幹線 セット 6両 98623 鉄道模型 電車
Amazon(アマゾン)
21,560〜43,354円
[鉄道模型]トミックス 【再生産】(Nゲージ) 98623 JR E3 700系 上越新幹線(現美新幹線)6両セット
楽天市場
22,176円
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。