【赤い花】アマリリス

【赤い花】アマリリス

アマリリスAmaryllis)は、ヒガンバナ科ヒッペアストルム Hippeastrum の植物の総称、原種は中南米西インド諸島に約90種があり、数百種類の園芸品種が作出され、現在もその数は増え続けている。

古代ギリシャやローマの詩に登場する羊飼いのアマリリスから取られている。

 

地中に鱗茎を形成する多年草で初夏にユリに似た基本的に六弁の大きい花を2 – 4個つける。花の色は白・赤・薄紅・淡黄など。現在販売されている球根には八重咲きのものも多い。また、通常の花は横向きだが、上を向いて咲く受け咲き種、香りのあるものも作られている。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。