【白い花】スイカズラ 

【白い花】スイカズラ 

スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名、ニンドウ(忍冬)やキンギンカ(金銀花)。
和名スイカズラの名は「吸い葛」の意で、細長い花筒の奥に蜜があり、古くは子どもが好んで花を口にくわえて甘い蜜を吸うことが行なわれたことにちなむ[1][2][3]。砂糖の無い頃の日本では、砂糖の代わりとして用いられていた。スイカズラの英名ジャパニーズ・ハニーサックル(Japanese honeysuckle)も、花筒をちぎって蜜(honey)を吸う(suck)ところから生まれた名前であるといわれる[1]。

別名は、キンギンカ(金銀花)[4]、ミツバナ[4]、スイバナ[4]。葉や中国植物名は、忍冬(にんどう)といい、冬場を耐え忍び、枯れずに残ることからこの名がついている[4][1]。異名である「金銀花」は、花色が白から黄色に変化することに由来する[4][3]。
常緑または半常緑のつる性低木[4][7]。 木質のつるで、茎は分岐しながら長く伸びて他の植物に絡みつき、他のつる性植物と比べて穏やかに繁茂してゆき、長さは10メートル (m) ほどにもなる


この前は、とある池の近くでしたが、今回は、公園で見つけました。

花びらが上3枚、下1枚と特徴がありますね(・∀・)♪+.゚

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。