【迷信】アルカリ性食品は身体にいいという迷信

【迷信】アルカリ性食品は身体にいいという迷信

血液はpH7.4に保たれている。

血液が酸性やアルカリ性のどちらかに偏ると身体は不調になり命にかかわることになる。

したがって

アルカリ性食品やアルカリ水が身体にいいとかいう迷信が未だにはびこっているが、大きな間違い。

すべての食品は、胃液の強力な酸で酸化されたあと、膵臓の強力なアルカリで中和されて血液に供給される。

逆にアルカリ性が強すぎる食品は胃酸を弱めるので胃の殺菌能力を下げてしまい、結果として病原菌を体内に入れるのを助けて、腹痛や病気の原因となる可能性もあるだろう。

参考

  • 正常な血液はわずかに塩基性で、血液のpH値の正常範囲は7.35~7.45の間です。通常、体は血液のpH値を7.40辺りに維持しています。

    アシドーシスには、酸の産生過剰による血液中の酸の蓄積または血液中からの重炭酸塩の過剰な喪失が原因で発生する代謝性アシドーシスと、肺機能や呼吸速度が低下し、血液中に二酸化炭素が蓄積して生じる呼吸性アシドーシスとがあります。

    血液の酸性度は、酸を含む物質や酸を産生する物質を摂取した場合や、肺から十分な二酸化炭素が排出されない場合に上昇します。

  • 代謝性アシドーシスの人では、吐き気、嘔吐、疲労がよく起こるほか、呼吸が通常より速く、深くなります。

  • 呼吸性アシドーシスの人では、頭痛や錯乱(さくらん)がよくみられ、呼吸は浅く、遅くなります。

  • 典型的な例では、血液検査でpHが正常範囲を下回ります。

    https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/12-ホルモンと代謝の病気/酸塩基平衡/アシドーシス

     

 

 

ちなみに

アルカリ性として石鹸は

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。