【白い花】タイサンボク Magnolia

【白い花】タイサンボク Magnolia

タイサンボク泰山木大山木、学名:Magnolia grandiflora)とはモクレン科の常緑高木。

北米中南部原産。花期は5~7月頃。葉の表面には光沢があり、裏面は毛が密生しており錆色に見える。日本では公園樹としてよく植栽される。放置すると樹高20m以上にもなるが、よく分枝して剪定にも耐えるため、庭木として植えるところも多い。

タイサンボクはアメリカ合衆国南部を象徴する花木とされ、ミシシッピ州ルイジアナ州の州花に指定されている[1]

ミシシッピ州は、州内にタイサンボクが多いことから、タイサンボクの州 (Magnolia State) という愛称がある。また、ミシシッピ州の州の木である。

 

夏がキタ━━(゚∀゚)━━!!ってかんじ(・∀・)♪+.゚

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。