【奥尻島】現状、フェリーがイマイチで日帰り無理。2泊しないと観光できない。ハイドラCP巡り

【奥尻島】現状、フェリーがイマイチで日帰り無理。2泊しないと観光できない。ハイドラCP巡り

北海道の奥尻島へのアクセスを調べたらフェリーか飛行機しかないらしい。飛行機は高いのでパス。

フェリーは、以下↓↓のハートランドフェリー一択。

フェリーの時刻表をみて愕然としました。

コロナの影響でフェリーが減便になっている模様。

奥尻島には15時すぎに到着する便しかなく、しかも、帰りは翌朝の朝7時。

つまり、強制的に宿泊せざるを得ないうえに、

滞在時間のほとんどが夜という観光を無視した設定。

 

【奥尻島の宿・一覧・楽天トラベル】

 

島の大きさを調べたら一周60kmぐらい。

観光せずに一周するだけなら1時間30ぐらいでいけるが、観光してるとどれだけ時間がかかるかわからない。

奥尻島の日の出と日没の時間はこちら↓↓参考

 

笑えるのは冬場だと日没が4時で日の出が7時だから、島にいる時間帯はすべて夜の暗闇になるということ。

これだと完全夜行性動物しか喜ばないだろうね。

冬場だと強制的に2泊しないと観光は無理。

STU48 暗闇 名曲だ。

 

 

 

夏だと、日没は19時ぐらいで、日の出は4時だから、なんとか島は見えるはず。

もう一回、時刻表をみて考えてみる。

15時10に奥尻に到着する。

レンタカーを借りるのに30分ぐらいはかかるとして

16時にスタートするとして日没まで3時間。初日は、この3時間に観光を済ませる。

翌日の朝は、4時に日の出となるので、6時までの2時間を観光する。

6時には港にもどるとして7時のフェリーに間に合う。

・スケジュール案

15時10 奥尻島に到着、レンタカー手続き

16時 出発、観光

19時 日没

宿泊

3時 起床、準備

4時から観光

6時 港に戻る。レンタカー返却手続き

7時 フェリー奥尻発。

+++ハートランドフェリーへの要望

観光客のことを考えて日帰りできる時刻表にしてもらいたい。無駄な出費はしたくない。

笑えるのは冬場だと日没が4時で日の出が7時だかから、ほぼ島にいる時間帯はすべて夜になるということ。

これだと完全夜行性動物しか喜ばないだろうね。

+++

 

【奥尻島の宿・一覧・楽天トラベル】

+++

↑↑の作戦だと、じつは、大問題が隠れていた。

それは、つづきで↓↓

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。